"Miista", is "Miss" + "Mister" = "Miista"

Do you know the amazing shoes brand "Miista"?

Do you know the shoe brand, “Miista”?

8 years ago, Spanish shoes designer, Laura Villasenin, has started in East London, Hackney.

The encounter with Miista was shocking that happened this summer.

It was a very fortunate event.

When I had casually watched the Instagram of a select shop in San Francisco.

I met shoes with lovely designs that I have not seen.

It is exactly what I was looking for, a pair of materials wearing a silhouette, atmosphere.

 

 

“Who is making this?”

 

 

About this amazing shoes brand, of course, about creators,

the feeling of wanting to know increased.

After I research it, I got to the brand site.

Pleasant coloring, a balanced design that combines a little bold but elegance and intelligence.

Leather with a variety of facial expressions, carefully selected fabric with beautiful color and texture.

The shoes of the design which passed through elegantly attracted me for a moment.

 

 

I found a wonderful treasure mountain!

Among those treasures, the eye stops first, was a pumps of raffia material.

I live in a country with a mild climate all year round and warm in the country, I love Raffia material every year and I am always wearing it. Besides its breathability and texture, as well as styling you can make a point where you can relax somewhere.

 

 

Even in official party and official places, I always choose a dress and clutch bag of raffia material that texture is comfortable without hesitation.

 

The leather ‘s hard texture is also nice, but I think that the more relaxed resort feeling of Raffia can express its goodness the more it dresses up. Raffia ‘s bags and hats carefully braided by hands of excellent craftswo/men, not never casual items, are breathtakingly awesome artworks.

 

 

I am such a raffia lover,

“Raffia material shoes” Moreover, it was the first time I met pumps. Cool white, natural beige, impressionable red, brown gold with chic nuances. Gentle nuance colors that seem to be difficult to realize easily. Through that products, again the high level of professional awareness is felt.

I felt strong confidence in their aesthetic sense and sensation that I think is wonderful.

 

The origin of the name, “Miista”, is “Miss” + “Mister” = “Miista”.

 

I means that amazing shoes for ladies and gentlemen all over the world.

It is a coined word.

 

 

They currently have production based in Spain, shops expanded to Barcelona, ​​London, Paris. Further,

San Francisco and Japan shops handle their shoes as selected.

As a feeling, there are unique personality and elegance that is not born in the Asian market.

The product reflects the climate and personality of making things.

 

 

Of course, it is also different from the personality of Asian countries.

With a Spanish freedom and relaxed opening feeling and unique air feeling, in additional, a classical elegance, design of beauty in detail,

all elements gathered together to create a specific unique world of Miista.

At first sight, it’s the raffia material shoes of Miista that I have falled in love.

I was fascinated by the technology that can realize such a product.

 

 

I am Japanese, from the view of Japanese standards,

maybe nobody can make shoes with high risk material and sale on the market of Japan.

They want to avoid such a small risk.

Then new interesting thigs can’t be born, maybe it’s so difficult.

 

But personally, I think that this conservative condition of the Japanese fashion industry is not good.

By the way, Perfection as a product,

and the quality in this “pumps of raffia material” was of most interest for me.

Because pumps are totally weighted at the fingertip, considerable strength is required. Why do holes in the little finger and thumbs immediately become empty?

At the same time, I had fears of concern.

 

 

However, I could see the high technical works of the craftswo/man with certain skill,

then It realized and grasped the hearts of many women.

 

The enthusiasm and passionate commitment of this shoe brand, and many challenges that other brands can’t do.

I was completely fascinated by this world view.

 

I ordered online without trying on it immediately, and a few days later, a nice black box arrived at my house. When it gently opens, a handwritten message on a small card jumped into with a nice heart motif.

 

Gently take out the shoes.

Cool and elegant white beige raffia is knitted in dexterity,

the heel of about 5 centimeters casually Wood of the same color was used.

I felt happy for the cool looks and incredible softly raffia, fitting comfortably to my feet when wearing.

 

 

It was a concern point that contacting part of the little finger and thumb,

especially about strength and stretchiness of raffia.

But, it’s fitting the protruding part of the finger more than expected,

and even if walking it does not strain the foot.

A feeling of relaxing like a sandal though it is pumps.

But it does not become too rough, gives an elegant impression to the styling.

 

I have become a fan of this brand completely,

after that, I bought some sandals and shoes.

I like shoes and tried various brand shoes as it is.

As an opinion, love at first sight and appearance are important.

However, whether or not  you can meet the special shoes that more you wear this, the more you like.

In essence, ownership has no point.

Of course, Some people say shoes are art works.

 

Although I can understand that feeling,

we can’t have the important experience the true goodness by merely possessing it.

 

 

 

About the motivation and feeling when wearing the special one,

the creator imagines hardly and create their nice works.

It is a waste if you just put nice one in the closet without opening the present from the shoes creator.

I want you to feel and taste it firmly.

 

How long time did you spend together in your life?

 

 

“What a moment, what did you think, what did you wear?”

 

That memory is unexpectedly engraved on the body.

 

Thinking about such a thing, I imagined the creator and marketer who are producing these shoes.

Then without hesitation, I applied for an interview.

“Miista”というシューズブランドをご存知だろうか。
今から8年前、スペイン出身のシューズデザイナー、
Laura Villaseninがロンドンの東部、Hacklyにてスタートしたブランドだ。

 

 

Miistaとの出会いは、この夏に起こった衝撃的で、とても幸運な出来事だった。

あるSFのセレクトショップのインスタグラムを何気に見ていたら、
見たことがない素敵なデザインの靴に出会った。
まさに私が求めていた素材、シルエット、雰囲気を纏った1足。

 

“これは誰が作っているの?”
この素敵なシューズのブランドはもちろん、クリエーターについて知りたい、という気持ちが高まった。
リサーチしていくと、ブランドのサイトにたどり着いた。

 

 

気持ちの良い発色のカラーリング、少し大胆だけど上品さと知的さを併せ持ったバランスの良いデザイン。
多種多様な表情を持つレザー、厳選された美しいカラーとテクスチャのファブリック。
上品に突き抜けたデザインのシューズたちは、私を一瞬で魅了した。

見事な宝の山を発見したのだ。

 

 

その宝の中で、まず最初に目が止まったのは、ラフィア素材のパンプスだった。
年中気候が穏やかで暖かい国に住む私は、一年中ラフィア素材を愛用し、いつも身につけている。
その通気性の良さとテクスチャはもちろん、スタイリングにどこかラフでリラックスできるポイントを作ることができる。
オフィシャルな食事会や公式な場でも、迷わず素材感が心地よいドレスにラフィア素材のクラッチバッグを選ぶ。

 

 

レザーのハードなテクスチャも素敵だが、ラフィアの少しリラックスしたリゾート感は、
ドレスアップすればするほどその良さを表現することができるように思う。
決してカジュアルなアイテムではなく、優秀なクラフトマンの手で丁寧に編まれた
ラフィアのバッグやハットは息をのむほど素晴らしい1点もののアートワークだ。

 

 

そんなラフィアラバーの私であるが、
“ラフィア素材のシューズ”しかも、パンプスに出会ったのは初めてだった。
涼しげなホワイト、ナチュラルなベージュ、元気な印象のレッド、シックなニュアンスを持つブラウン系ゴールド。
なかなか実現するのが難しそうな絶妙なニュアンスのカラーたち。
そのプロダクトを通して、改めてプロフェッショナルな意識の高さが感じられる。
彼らの美意識や素晴らしいと思う感覚への自信が強く感じられた。

 

 

“Miista” の名前の由来は、”Miss”+”Mister”=”Miista”
世界中のレディとジェントルマンのための靴。という造語である。
現在生産拠点をスペインに構え、ショップはバルセロナ、ロンドン、パリに展開。
その他、セレクトとしてサンフランシスコや日本のショップが一部期間限定で扱う。

 

私感として、アジアのマーケットでは生まれない独特の個性と上品さがある。
プロダクトにはものづくりをする風土や人柄が反映されるものだ。もちろんアジアの個性とはまた土俵が違う。

スペインの自由でリラックスした開放感と、独自のユニークな空気感を纏いつつ、少しクラシカルな上品さ、細部に宿るデザイン美、その全ての要素が結集した独特の世界観を持っている。

 

 

まさに一目惚れだったMiistaのラフィア素材のシューズ。
こんなプロダクトを実現できる技術に魅了された。

私は日本人なので、日本の基準で考えると、リスクの高い素材で靴は作らないし販売に至らない。
プロダクトとしての完成度、そしてこの“ラフィア素材のパンプス”におけるクオリティに何よりも興味があった。
パンプスは指先に全体重がかかるため、相当な強度が求められる。
すぐに小指や親指部分に穴が空いてしまうのでは?という懸念が同時に浮かぶ。

 

 

しかし、その難題を、確かな腕を持つクラフトマンの高い技術力で実現し、多くの女性たちの心を掴んだのだ。
このシューズブランドの熱意とこだわり、そして他のブランドはやらないたくさんのチャレンジに心を打たれ、
すっかりこの世界観に魅了されてしまった。

早速、試着もせずにオンライン注文し、数日後、素敵なブラックの箱がスペインから自宅に届いた。
そっと箱を開けると、素敵なハートモチーフの小さなカードに、手書きのメッセージが飛び込んできた。

丁寧に、シューズを取り出してみる。
涼しげで上品なホワイトベージュのラフィアが丁寧に編まれ、
さりげない5センチほどのヒールには同色のウッドが使用されていた。
その透明感と柔らかいラフィアの手触り、履いた時に心地よく足にフィットする心地よい感覚に、思わず嬉しくなった。

 

 

懸念ポイントだった、小指と親指部分のアタリ、強度については、
予想以上にラフィアの伸縮性が指の突起部分にフィットし、歩いても足に負担がかからない。
パンプスなのにサンダルのような開放感。
しかしラフになりすぎず、美しくスタイリングにきちんとした印象も与えてくれる。

すっかりこのブランドのファンになってしまった私は、
その後、いくつかのサンダルやシューズを購入した。

 

 

筆者は靴が好きで、今まで色々なブランドの靴を試してきた。
自論として言えることは、一目惚れや見た目の印象は大事。
だけど、履くほど好きになる靴に出会えるかどうか。

 

要は、所有しているだけでは意味がない。
靴はアート作品、だという人もいる。

その感覚も理解できるが、所有しているだけでは、本当の良さを体感し味わうことはできない。

 

 

1足の靴を履いた時の気分や思いを、作り手は想像しながら一生懸命デザインし、ものづくりをしているのだから。
作り手からのプレゼントを開けずに、クローゼットにしまっているだけではもったいない。
しっかり体感し、味わって欲しいのだ。

自分の人生において、どれだけの時間を一緒に過ごしたか。
“どんな瞬間に、何を考え、何を履いていたか。”

その記憶は意外と身体に刻み込まれているものだ。

 

 

そんなことを考えながら、このシューズたちを生み出しているクリエーターやマーケターについて想像を巡らせた。
そして迷うことなく、取材を申し込んだのだった。