Her name is "WALNUT" ?

Her name is “WALNUT”.

We may have a stateless impression that we can’t imagine nationality or gender.

We feel a slightly more masculine image that seems to be strong.

Its naming and her artwork style fit comfortably.

When I first found her work, I thought so.

 

 

 

Fashion items such as bags, shoes, dresses, cosmetics,

Illustration of a cute and stylish girl.

The motif itself is very cute and feminine, but about the line clearly painted by her,

I felt a strong mind. It is not a fluffy outline that seems to disappear even now, a line without distinct lost.

 

 

“This is what I want to draw.”

Throughout the picture, she was saying so.

 

 

 

Then the girl she draws does not always smile softly.

Looking at me with a slightly cheeky expression, she is watching the air while watching somewhere,

while holding a hug with a partner, she held a knife in her hand (Maybe a little scared for men),

we could not see the face of expression on sunglasses.

 

 

 

“I bet she is a girl such a like this character”

I ended up imagining like that.

Her illustration is not simply an introduction to various fashions or an expression of an abstract mood.

 

 

 

Expressing the lifestyles and living of various women (sometimes men) she saw through illustrations,

and said to us

 

“There are such people in the world, the world is wide, right?

Then you want to be yourself, is not it?”

It seems to be said.

 

 

 

The age group that love her is very wide.

 

Of course, young people in their teens and twenties, as well as adult women in their 30s and 40s.

Regardless of age, I think that many women is attracted to her artwork

because they can sympathize with messages that she sends through illustration.

 

 

Then, as long as you yearn for “unique girls” she draws,

I think that it is because such a woman is wonderful,

“I want to become like this in five years”, like this obedient mind is born.

 

“Although it is an illustration, it is not only an illustration.”

I think like that.

 

 

 

In fact, she is very acquainted with fashion industry,

Every collection including fashion brands and fashion editors,

she is also very familiar with bloggers and others. Then, at the collection season,

items of brands that she has a interested are immediately illustrated.

 

 

She is always sensitive to the current wave,

and she will expand many interesting, positively and timely earlier than anyone else.

The sense of speed and active style will surely make her work more attractive,

then I think that sense is the reason that various companies, fashion brands,

popular musicians and models make offers to her.

 

 

 

She is a fairly handsome female illustrator who performs work with offensive mind.

I think that there are many people who have such an impression.

But realistic she has a clear and cute face,

it is a wonderful woman with strength of an core mind.

The figure rhythmically and fun talking with the “Kansai intonation”

is rather attractive as an adult woman.

 

 

Everytime I see her, I am looking forward to seeing her changing more and more.

Now, she has a position named “Illustrator representing Japan”, that she keeps climbing steadily every day.

 

 

Beyond the traditional “illustrator” framework,

she has the power and momentum that will steadily expand the field of work.

That is what we call “traditional illustrator”,

in other words, it is different from the style to compete

with illustration wearing individuality and stylish atmosphere somehow.

 

 

 

She has a image of people and things to clearly draw,

Every time I see that her interests point in a different direction.

I always see things of various genres.

 

It is interesting that she can get excited with such a surprising topic such as

“Youtuber” popular among elementary school boys, instagram popular fashion blogger among high school girls,

musician, Cosme Youtuber, etc.

 

 

Of course, she has a lot of artworks about the fashion,

besides that, she is familiar with the unexpected categories,

and she also likes the trip to various countries with a light footwork.

Then she expresses that experience with illustration.

I love her ‘travel series’ and I am always looking forward to it.

 

 

She seems not to be conscious of himself, but I think that from anyway,

 

she is a chunk of curiosity, changing what she cares, and what she likes to her unique expression.

She is a person who positively expresses herself more and more.

I feel the style of athletes somewhere in the speed sense.

 

 

 

When I work with her, I always have an appreciation for the response speed that no need explaining much more,

and she will draw out what I want to convey and output it, and its high quality.

Its so happy, and I want to do something again with her again!

I think.

Then, perhaps I think because of her personality, she does not make any negative remarks.

Even if a somewhat unreasonable request comes from the client, she can positively propose her solution properly.

 

 

 

“Because it is a creator, it is an artist, so as you like freely.”

 

There are few clients today that can make such orders.

There are certain restrictions and regulations.

At that time, there are lots of unreasonable things.

But she does not seem almost negative,

 

 

 

 

“Would you like to do this?” she can go forward with the story.

It’s flexibility that other artists do not have, and suggestive power to cross strong walls.

To that power, I trust.

I saw some illustrations of her, I thought.

 

 

She wore a medium-length coat of leopard handle gently on top of pink pants suit,

The bag which seems to be for work and the high heel are black.

Hair is summarized simply.

 

Then the rear view that walking dashing.

Working in New York, maybe is she an editor of a fashion magazine?

She is surely in a hurry. But 10 cm heel is indispensable.

Even if her foot hurts a bit, she loves heel shoes that looks well balanced.

Perhaps, at work, this heel may be replaced with a fur slippon of Gucci.

What brand is this pink pants suit?

 

 

Leopard coat will surely be wearing well even private.

Could it be a little casual Copenhagen’s brand GANNI? Color usage is bold,

but she like dry and simple fashion, 30 years old who is a little workaholic.

Because she wants to use colors for clothes and shoes, bags, then makeup is natural.

 

 

Maybe, is it a somewhat larger work bag for Saint Laurent in Eddie Suliman period?

It is chased by the schedule of minutes every day, but on occupation,

 

 

Various brand exhibitions and dinners with designers are indispensable.

Her closet is tightly filled with various designers’ clothes,

It is not organized.  

Many Bags and shoes are still in the boxes.

That’s why she just had quarrel with her partner the other day.

But she takes pride in her work.

 

 

 

Of course, the contents of her bag is not organized in this condition,

she had lost her room key several times a week.

 

 

Imagination unexpectedly swells, and so on.

I would like to introduce more about her work in the future.

彼女の名前はウォルナット。

国籍も性別も想像できない、無国籍な印象を持つかもしれない。

さらに少し男らしい強そうなイメージも感じる。

そのネーミングと、彼女の作風が気持ちよくフィットしている。

初めて彼女の作品を見つけたとき、そう思った。

 

 

 

バッグ、靴、ドレス、コスメなどのファッションアイテムや、

可愛くてスタイリッシュな女の子のイラスト。

モチーフ自体はとても可愛くフェミニンなのに、彼女が描いたはっきりした

線に強い意志を感じた。今にも消えそうなふんわりした輪郭ではなく、

はっきりと迷いがない線。

“私が描きたいのは、これ。”

絵を通して、彼女はそう言い切っていた。

 

 

 

そして、彼女の描く女の子は、いつも柔かに微笑んではいない。

ちょっと生意気そうな表情でこっちを見つめていたり、どこか思いを馳せながら宙を眺めていたり、

パートナーと抱き合いながらも、手にはナイフを隠し持っていたり(男性は少し怖いかも)。

サングラスで表情が見えなかったり。

 

「きっとこんな性格の女の子なんだろうな」

そんな想像が膨らむ。

 

 

彼女のイラストは、単にトレンドのファッション紹介や、抽象的なムードの表現でもない。

さらにおしゃれなテキスタイルとしての表現でもない。

 

彼女が見てきた、様々な女性(時には男性)のライフスタイルや生き様を、

イラストを通して表現し、私たちに

「世の中にはこんな人もいるよ、世界って広いよね。そして自分らしくいたいよね」

そう語っているようだ。

 

 

 

彼女を支持する年齢層は、とても広い。

10、20代の若い世代はもちろん、30、40代以降の大人の女性たちにも人気だ。

年齢関係なく、彼女のアートワークに惹かれるのは、やはり彼女がイラストを通して発信するメッセージに共感できるからだろう。

そして、彼女が描く“個性的な女の子たち”にどこか憧れたり、

こんな女性素敵だな、5年後こうなりたいな、などと素直に思うマインドが生まれるからだと思う。

 

 

“イラストであるが、イラストではない。”

私はそう思っている。

 

 

 

 

実際、彼女はファッションインダストリーにはとても精通しており、

ハイブランドを含め、毎期のコレクションやファッションエディター、さらにブロガーなどにとても詳しい。

そして、コレクション時期にはもう、彼女のお眼鏡に叶ったブランドのアイテムがすぐにイラスト化されている。

 

 

 

時流にいつも敏感であり、誰よりも早くポジティブにリアルタイムに発信していく。

そのスピード感と能動的なスタイルが、きっと彼女の仕事をさらに魅力的に、

そして、様々な企業やファッションブランド、そして人気ミュージシャンやモデルたちが彼女にオファーする理由だと私は思う。

 

 

 

バリバリと仕事をこなす、かなりやり手な女性イラストレーター。そんな印象を持っている人が多いかと思う。

しかし、リアルの彼女ははっきりとした可愛い顔立ちと、大人っぽい芯の強さを感じさせる素敵な女性だ。

関西弁でリズミカルに楽しそうに話す姿は、むしろ大人の女性として、とても魅力的だ。

 

 

 

私は彼女に会うたびに、彼女がどんどん変化を遂げていく姿を楽しみにしている。

それは、今や日本を代表するイラストレーターというポジションに

彼女が日々、着実に登り続けていること。

従来の“イラストレーター”の枠を超えて、どんどん仕事の領域を広げていくパワーと勢いが、彼女にはあること。

それが、いわゆる“従来のイラストレーター”、

つまり何となく個性と雰囲気を纏うイラストで勝負するスタイルとは異なる。

 

 

 

彼女にははっきりと描きたい人やものがあり、

その興味関心が、会うたびに違った方向を向いている。

色々なジャンルのものを常に見ている。小学生男子に人気のyoutuber、高校生女子に人気のインスタグラマー、

ミュージシャン、OLコスメyoutuberなど、そんな意外な話題で盛り上がれるのが彼女の面白いところだ。

 

 

 

もちろん、彼女といえばファッション系のアートワークが多い印象だが、

それだけでなく、意外なポイントに精通しているし、フットワークも軽く色々な国への旅を好む。

そしてその経験をイラストで表現する。

私はこの彼女の“旅シリース”が大好きで、いつも楽しみにしている。

 

 

当の本人はあまり意識していないようだが、とにかく私から見る彼女は、

好奇心の塊であり、気になったこと、好きなことを、自分なりの表現に変え、

どんどん発信していく人だ。そのスピード感に、どこかアスリートの匂いさえ感じる。

 

 

 

彼女と一緒に仕事をすると、そのレスポンスの速さと、多くを説明しなくても、伝えたいことを汲み取ってアウトプットする、さらにそのクオリティの高さに感動する。

私はいつも嬉しくて、そしてまた一緒に何かしたい!と思うのだ。

そして、多分彼女の性格だと思うが、ネガティブな発言はほとんどしない。

クライアントから多少無理なリクエストが来ても、彼女なりのソリューションをきちんと前向きに提案できる。

 

 

クリエイターだから、アーティストだから、自由に好きなように。

そんなオーダーができるクライアントは今日少ない。

何か制約や規定が必ず存在する。そして理不尽なこともたくさんある。

だけど、彼女はほとんどネガティブには捉えず、

「だったら、こうしましょうか」と話を前に進めていける。

それは、他のアーティストにはない柔軟性と、手強い壁を越えるための提案力だ。

その力に、私は信頼を置いている。

 

 

 

 

 

 

彼女のあるイラストを見て、私はふと考えた。

ピンクのパンツスーツの上に豹柄のミディアム丈のコートをさらりと羽織り、

仕事用だろうと思われるbagと高めのヒールはブラックだ。

髪はシンプルにまとめてある。そして颯爽と歩く後ろ姿。ニューヨークで働く、

ファッション誌のエディターだろうか。

彼女はきっと、急いでいる。でも10センチヒールは欠かさない。

多少足が痛くても、バランスが良く見えるヒール靴が大好きだ。

もしかしたら、職場ではグッチのファー付きスリッポンに履き替えているかもしれない。

ピンクのパンツスーツはどこのブランドのものだろう?

 

 

 

豹柄のコートはきっとプライベートでもよく着ているはず。

少しカジュアルにコペンハーゲンのブランドGANNIだろうか。

色使いは大胆だが、辛口でシンプルなファッションが好きな、少しワーカホリック気味の30歳。

洋服に色を使いたいから、メイクはナチュラル。少し大きめの仕事用バックは、エディ・スリマン期のサンローランだろうか。

 

 

日々分刻みのスケジュールに追われているが、職業柄いろいろなブランドの展示会や、

デザイナーとの会食は欠かさない。

彼女のクローゼットはいろいろなデザイナーの洋服でぎっしりと埋まっており、

整理されていない。バッグやシューズも箱に入れられたままだ。

そのことで、先日パートナーと口喧嘩をしたばかり。

でも、彼女は自分の仕事に誇りを持っているのだ。

 

 

もちろんこの調子でバッグの中も整理されていないので、

部屋の鍵を数回失くしているのだが。

などと、思わず想像は膨らむ。

 

 

彼女の仕事について、今後もっと紹介していきたい。