ABOUT HER

The expression method of illustration is also her weapon to connect with various countries and people, at the same time, her favorites and works.

Artists who can bring such joy and excitement to people. That is Kurumi Matsuoka. It's “WALNUT”.

Her name is WALNUT

She is an illustrator who works based in Tokyo.

In the past issue, I introduced some impressive things about her artwork,

collaboration in fashion, music and cooking, through her work.

 

 

 

“Inspiration is often obtained from music”

That’s what she says, then actually she is a very good singer. In Japan,

there are lots of “karaoke” and singing & drinking bars and they are very popular.

Although I went to “karaoke” sometimes with her,

I remembered that the song was amazingly sophisticated with Japanese voices and stable intervals.

 

 

Such a so talented girl, but what kind of personality is WALNUT ” Kurumi Matsuoka ” as usual?

I would like to introduce this through her interview.

Q: How’s your mood recently?

 

It is very good!

 

 

Q: Please tell me about yourself, such as profile, what you like for a long time,

What you have liked lately.

 

I’m an illustrator who is active based in Tokyo.

I like traveling, movies, music, and I also like to cultivate tasty restaurant elsewhere.

 

 

Q: Please tell me about work and activities.

 

I often draw illustration of people, fashion, cooking.

Although I work in Japan mainly, I draw illustrations of goods of musicians in South Africa,

Norway and Spain, and recently I made bags collaborating with Singapore brands. Through this work,

I would like to connect with people from various countries.

 

 

 

Q: About special experience for you such as impressive collaboration and events.

 

Recently I enjoyed having an umbrella collaborating

with a Japanese fashion brand!

Because rainy days tend to be depressed by all means,

I feel happy when everyone feel a little better with illustrations at that time,

I think that there is this work for such a moment.

 

 

 

Q: Please tell me the source of inspiration for your artwork.

 

I guess from many music.

 

 

Q: Which is the most enjoyable time, the moment when you feel happiness?

 

This is the moment of I eat delicious rice with people I like.

 

 

 

Q: favorite artist, favorite fashion (fashion icon),

Tell me more about your “likes” such as your favorite shop.

 

 

I like the mode. I also enjoy watching and drawing retro vintage dresses.

My favorite fashion icon is Alexa Chung!!

 

 

 

Q: Tell me about your favorite music, musicians?

 

I really listen to various music.

Recently I focus on the guys who have no followers or anything at all,

and youtube’s views are not too many, but they have the amazing talent!!  

I am addicted to uncover people like those. Then, I wonder HipHop and R & B listen particularly well.

 

 

 

Q: Please tell me about your favorite country and culture.

Then If you have a country you want to live in the future, tell me why!

 

There are many favorite countries, but especially I like NY.

This is a place where I can get a lot of inspiration!

 

 

 

Q: Please tell me about impressive things about recent live performances.

 How is the feeling then? What are you thinking?

 

I am very nervous and there are many times when my head gets pure white.

I’m not good at going out to people and doing something.

But I thought that all experiences are a try and my challenge!

 

 

Q: How about the work you would like to challenge,

and for those who would like to collaborate in the future?

 

 

I would like to try making challenges and collaborating with foreign brands.

 

 

 

Q: Tell me about all things you are interested in recently!

 

I have an attention to “SOPHIE MAYANNE” and her photographer’s activities.

 

 

 

Q: What is your image after ten years?

 

Well, I’m not good at thinking ahead…I want to be able to draw better pictures.

I hope the location is increasing in various countries and places.

She is based in Tokyo,

but her inspiration is in various countries and be stimulated

by various culture and people.

While holding a domestic perspective, she sees the world with a bird’s-eye view.

 

 

 

I think that her image is travel lover who goes on a journey as soon as a little time is available.

She absorbs the powers of various countries, and reflected in artwork very naturally.

So, her works seem to have a style, and I receives the impression that it is gradually updated.

Beginning with fashion, and music, people, movies, cooking.

Connect with various categories and create new ones.

There is freedom not to set free.

 

 

Many artists in Japan, the point of view is too domestic,

I think that it tends to bring expression to Japanese values ​​and culture.

But when we step outside, the culture of Japan is different color.

 

 

By language that Japanese only can understand,

then Expression that can only be understood by Japanese people.

like this, “Unique world view and values ​​that exist only in Japan” are interesting contents.

 

On the other hand, people in so many countries are not conscious of Japan as Japanese people think.

I think that is the fact.

 

 

 

Although I talked a bit about her, her expression was not so-called Japanese artist,

There is flexibility and freedom.

It may be due to such a borderless air feeling that work from overseas blows naturally.

She also actively carries out “connecting with people from various countries” and is connecting to work.

She likes NY in particular, she says that from NY, gets a lot of inspiration.

 

 

The expression method of illustration is also her weapon to connect with various countries and people,

at the same time, she is good at it, her favorites and works.

 

 

 

Last year, she held a solo exhibition in Japan and Taiwan.

The exhibition entitled WALNUT “A to Z”, 36 of the surroundings are announcing A-Z as a work.

 

She put what she can see from her perspective in daily life into her artwork.

In addition, her drawings usually about fashion and lifestyle items,

then we can see her artworks in the past three years at once,

including movie posters, sketches drawn in cafes, collages of illustrations by friends who smoke cigarette,

works using “Cheki”.

 

It was a great success at all the venues. Her original goods,

which are usually sold only at online shops, were actually sold, and the fans rejoiced.

 

 

 

The young lades, mothers with children, and the couple likes art.

The customer base is various.

A lot of their happy looks.

Because they can’t buy her original goods in Taiwan,

Taiwanese girls asking Japanese friends to purchase them.

 

I’m so excited when I see the situation of many girls looking with excitement in front of her work.

I also feel excited every time I work with her.

I am one of her biggest fans who is excited about her output every time.

 

 

 

Japanese artists who can bring such joy and excitement to people.

That is Kurumi Matsuoka. It’s “WALNUT”.

 

 

 

She says she does not think much about it.

Ten years from now, she is laughing loudly in her favorite NY,

And will be singing.

彼女の名前はWALNUT

東京を拠点に活動するイラストレーターだ。

これまでの記事で、彼女のアートワークについて、ファッション、音楽、料理におけるコラボレーションを、

彼女の仕事を通じて印象的なものをいくつか紹介した。

 

「インスピレーションは音楽から得ることが多い」

そう語る彼女だが、彼女自身とても歌が上手だ。日本では、カラオケや歌いながらお酒が飲めるバーなどが多く、大変人気だ。

彼女と何度かカラオケに出かけたことがあるが、日本人離れした声量と安定した音程で、驚くほど歌が上手だったことを思い出した。そんなとても多彩な彼女だが、普段のWALNUT “松岡くるみ“は一体どんな人なのか。

彼女のインタビューを通して紹介したい。

 

****

Q: 最近の気分はどう?

 

すごく良いです!

 

Q: プロフィール、ずっと好きなこと、最近好きになったこと、など自分についてなんでも教えてください。

 

 

東京を拠点に活動しているイラストレーターです。

旅行と映画、音楽も好きだし他にもおいしいお店を開拓するのが好きです。

 

 

 

Q: 仕事や活動についておしえてください。

 

人物やファッション、料理のイラストを描くことが多いです。

主に日本の仕事が多いですが、南アフリカやノルウェー、スペインのミュージシャンのグッズのイラストを描いたり、

最近だとシンガポールのブランドとコラボしてバッグを作りました。

この仕事を通して、いろんな国の人と繋がってみたいと思っています。

 

 

Q:  特に印象的だったコラボレーションやイベントなど、あなたにとって特別な経験について。

 

 

最近だと日本のファッションブランドとコラボして傘を作ったのが楽しかったです!雨の日ってどうしても憂鬱になりがちだから、そういう時に少しでもイラストで気分が上がったら嬉しいし、そういう瞬間のためにこの仕事があるとも思う。

 

 

Q: アートワークのインスピレーションの源について教えてください。

 

音楽が多いかな。

 

 

 

Q: 一番楽しいと思う時間、幸せを感じる瞬間は?

 

おいしいご飯を好きな人と食べてる時。

 

 

 

Q: 好きなアーティスト、好きなファッション(ファッションアイコン)、

 好きなお店など、あなたの“好き”についてもっとおしえて。

 

モードが好き。あとレトロなワンピースも見るのも描くのも楽しい。

好きなファッションアイコンはAlexa Chung。

 

 

 

Q: 好きな音楽、ミュージシャンについておしえて。

 

音楽は本当になんでも聴きます。

最近はインスタグラムとかも全然フォロワーがいなくて、youtubeの再生回数もめっちゃ少ないのに、

この人すごい才能ある!!みたいな人を発掘するのにハマってる。HipHopとR&Bが特によく聴くかな。

 

 

Q: 好きな国やカルチャーについて教えてください。

将来住んでみたいと思う国があれば、その理由も教えて!

 

好きな国はたくさんあるけど、NYが好き。たくさんのインスピレーションが得られる場所です。

 

 

 

 

Q: 最近のライブパフォーマンスについて印象的なものを教えてください。

その時のマインドはどんな感じ?どんなことを考えているの?

 

 

すごく緊張するし頭が真っ白になる時も多々あります。

あまり人前に出て何かするっていうのは得意じゃない。

でもものは試しだと思って色々チャレンジしています。

 

 

 

Q: 今後、コラボレーションしてみたい人、チャレンジしてみたい仕事について教えて!

 

 

チャレンジしてみたい仕事は、海外のブランドとコラボして色々作ってみたいです。

 

 

 

Q: 最近、注目しているもの、こと、人について教えて!

 

SOPHIE MAYANNE という、フォトグラファーさんの活動に注目しています。

 

 

 

Q: 10年後の自分のイメージは?

 

 

うーん、あんまり先のこと考えるのは得意じゃないけど、

もっと良い絵が描けるようになっていてほしい。

いろんな国や場所に居場所が増えてるといいな。

 

 

 

*****

 

東京を拠点に活動する彼女であるが、彼女のインスピレーションは色々な国の

色々なカルチャーや人によって刺激されている。

ドメスティックな視点は持ちつつ、俯瞰で世界を見る彼女がいる。

 

少し時間ができると、すぐに旅に出るイメージがある。

色々な国のパワーを吸収し、それが知らぬ間にアートワークに反映されている。

だから、彼女の作品はスタイルがあるようで、少しずつアップデートされていく印象を受ける。

ファッションから始まり、音楽、人、映画、料理。

いろんなカテゴリーと繋がって、新しいものを生み出す。

凝り固まらない自由さがある。

 

 

日本のアーティストの多くは、つい視点がドメスティックになりすぎて、

表現を日本の価値観やカルチャーに寄せてしまう傾向にあるように思う。

しかし一歩外へ出ると、日本のカルチャーはかなり異色だ。

日本人にしか分からない言葉、日本人にしか理解できない表現。このような、

“日本にしかない独特な世界観と価値観”は、興味深いコンテンツであるが、

一方で、日本人が思うほど多くの国の人々は日本を意識していない。

それが事実だと思っている。

 

 

少し話が逸れたが、彼女の表現はいわゆる日本人アーティストらしくない、

柔軟さや自由さがある。海外からの仕事が自然と舞い込むのは、このようなボーダレスな空気感のせいかもしれない。

彼女自身も、“色々な国の人と繋がること”を積極的に行い、仕事に繋げている。

特にNYが好きで、たくさんのインスピレーションを得ている、という。

 

 

イラストという表現方法は、色々な国や人と繋がっていくための彼女の武器でもあり、

同時に彼女の得意なことでもあり、好きなことでもあり、仕事でもある。

 

 

 

 

昨年度、彼女は日本と台湾で個展を行なった。

WALNUT ”A to Z”と題されたエキシビションは、彼女を取り巻く36のA-Zを作品として発表。

彼女の日常生活における視点から見えるものを、彼女らしいアートワークに落とし込んだ。

 

 

さらに、普段から彼女が描くファッションやライフスタイルアイテム、

映画のポスター、カフェで描いたスケッチ、タバコを吸う友人のイラストのコラージュ、

チェキを使った作品など、ここ3年間の彼女のアートワークが一度に見れるものだ。

全ての会場において、大盛況。

普段オンラインショップのみで販売されている彼女のオリジナルグッズも実販され、ファンたちが歓喜した。

 

 

 

若い女性や子供連れの主婦層、アート好きなカップル。客層は様々だ。

彼らのたくさんの嬉しそうな表情。台湾ではグッズが買えないため、

日本人の友人に頼んで購入してもらっているという台湾の女の子たち。

彼女の作品を前に、興奮した様子で見入るたくさんの女の子たちの様子を見ていると、私はドキドキする。

彼女と仕事をするたびに体感するドキドキ。彼女のアウトプットに毎度ドキドキさせられている私も、彼女の大ファンの一人だ。

 

 

こんな嬉しさや興奮を人にもたらすことができる日本のアーティスト。

それが、松岡くるみ。WALNUTだ。

 

先のことはあまり考えないという彼女。

10年後の彼女は、きっと大好きなNYで大きな声で笑っているか、

歌っているだろう。