ABOUT HER

"Person who shapes her interest directly as artworks and works "

"Inspiration is often obtained from music"

Her name is WALNUT.

It is an illustrator who works based in Tokyo.

In the last article, we introduced mainly about collaboration with fashion brands about her artwork.

This time, collaboration with musicians, and,

I would like to introduce artwork in “cooking” which is also her hobby.

Not only offers from Japanese musicians, South Africa and Norway,

There are also many love calls from Spanish musicians.

Her illustration has a high affinity with fashion,

in fact it has a track record of collaborating with a number of fashion brands,

but of course it is also compatible with music connected there. Fashion and music, and art.

It is an element that stimulates inspiration and each one needs moistening each other.

If one of them lacks, it will be extremely insidious and dry.

In her work style, these elements are indispensable and naturally tied.

 

 

“Inspiration is often obtained from music”

She said.

She likes music and hears various kinds regardless of genre.

Even though Instagram and Youtube followers are few,

she is crazy about finding talented musicians who can touch her sensibility and talent.

She is good at unearthing things she likes, her hobby.

Because this hobby is a source of inspiration for her artwork as it is,

I feel envious and think that it is a wonderful thing.

 

 

 

“Person who shapes her interest directly as artworks and works “

It is like this when we expresses about her simply.

 

 

“making favorite things a work”

Regarding this, there are various ways of thinking and objections.

By making it a work, we will see “liking things” more diversely and more objectively.

 

 

As a result, we can see the “disliked aspect” we did not see until now.

Based on that, we would like to deepen more, we hate it. we can force such a game.

She takes a risk for her challenge and dream.

Then what she seems to always have faced with disagreeable aspects,

She will spare no effort to become more like artworks.

 

Mixing it with fashion, music, movies, cooking, dancing, people, various elements creates new expressions.

 

 

As an aside, whenever I meet her, I always return my mind to the origin.

“I like this or not? ” It seems that criteria of all judgment can be there.

Very good opportunity, precious time.

 

 

 

In the background of her artwork, music that is always comfortable flows.

She likes HIPHOP and SOUL, she likes to draw her favorite artists naturally.

Illustration of the American musician “KEHLANI” often appears in her instagram.

She says, she likes powerful, cool and charming women.

Surely in the near future, she will realize collaboration with “KEHLANI”.

From the South African Indy Pop band, SHORTSTRAW and DESMOND & THE TUTUS ‘s Japan tour,

she worked on artworks such as posters from live goods.

Especially the design of the live T-shirt is so excellent.

SHORTSTRAW ‘s unique lightness and tropical mood are comfortable pops,

With DESMOND & THE TUTUS somewhere nostalgic feeling sound and vocal light

Smoky voice, and unique PV.

I knew the sound of a South African musician for the first time,

I seemed to be able to explore a pleasant mood and something very shiny and I was happy.

In SHORTSTRAW’s new single “JETLAG” artwork,

Beside sleeping boyfriend, watching TV vaguely while adding tobacco

Girls are impressive. This “JETLAG” PV is a colorful 80’s style and

a story of a boy whose color is impressive and goes back and forth between reality and ideals.

If you change the viewpoint, life is actually stimulous and full of happy things.

Maybe, you can feel like that.

I would like to introduce further about her.

It is artwork by Japanese popular musician “Kaela Kimura”.

At the tie-up plan “Kaela’s gallery” with the fashion magazine “NYLON JAPAN”,

she produced 15 types of posters.

Then in the magazine, a dialogue article with Kaela Kimura was also posted.

In addition, she also worked on the artwork of Kaela’s live tour and called for a hot topic.

The live goods sold out in no time and in her Instagram,

many comments asking for resale rushed.

The fans of Kaela Kimura cover age ranges widely from teenagers to 40s.

Stylish pop character of Kaela, a Japanese and British half, is very popular,

and she is also active as a model and a fashion icon.

She became the attention of various creators, and were appointed to the advertisement of enterprises.

WALNUT expands such Kaela’s view of the world further and draws attraction.

This collaboration made a lot of fans delight.

In this way, she is deeply involved in music,

but recently more work on “cooking” is increasing.

In the field of “cooking” , she has serialized magazines, she said that love to eat

even in private, and likes to explore various restaurants.

In a Japanese fashion magazine “FUDGE”, a column titled “Let’s BE FOODIES.”

she is in charge of the series.

It is a corner where she picks up favorite things of her favorite daily shops

and introduces it monthly as an item perfect for the souvenir.

It is a unique choice, including a colorful and cute donut and salad,

and a volume full of lobster roll specialty shops.

 

 

There are illustrations of her dishes, introductions of shops, her profile.

Pictures of cooking are not posted. The texture and fragrance expressed by illustration,

All colors lead to imagination.

 

As we imagined various things from a picture book as a child, the imagination born from an illustration.

It feels very real more than a real picture and its presence is very bothersome.

I think that it is a series with a very new perspective that does not rely on the sense of sizzle of pictures.

In addition, she picked up one favorite item of the restaurant she visited in private and

she continues to draw. It drew a chef cooking in the kitchen across the counter and

it was a sketch drawn as if it were sticky while waiting for a friend at a bistro.

 

 

A lot of cooking illustrations are featured in her instagram.

She likes to cook even in private.

 

Then even the choice of a vessel that serve dishes seems to be her unique ,

it is very elegant and has a good sense.

These artworks also expresses “Her like” and shapes it up to her works,

It’s one wonderful example.

She has a lot of hobbies, and she always overflows with what she wants to challenge.

 

 

 

Then what she said that it’s just her hobby become her working when I meet next.

That power. Its realizability.

 

Always cheerful and cute, and boldly Hahahah! she laughs,

Lightly connect with people and challenge happily.

 

Such a figure does not change at all from the time we first met.

In a very good sense.

彼女の名前はWALNUT

東京を拠点に活動するイラストレーターだ。

前回の記事で、彼女のアートワークについて、ファッションブランドとのコラボレーションを主に紹介した。

今回は、ミュージシャンとのコラボ、そして、彼女の趣味でもある“料理”におけるアートワークについてご紹介したい。

 

 

 

日本のミュージシャンからのオファーはもちろん、南アフリカやノルウェー、

スペインのミュージシャンからのラブコールも多い。

彼女のイラストは、ファッションとの親和性が高く、

実際数々のファッションブランドとのコラボレーションの実績があるが、

そこから繋がる音楽との相性ももちろん高いのだ。ファッションと音楽、そしてアート。

各々がインスピレーションを刺激し合う要素であり、お互いを潤し必要としているもの。

何かひとつが欠けると、ものすごく無味乾燥なものになるだろう。

 

 

彼女のワークスタイルにおいて、これらの要素は欠かせないものであり、自然に結びついている。

「インスピレーションは音楽から得ることが多い」

という彼女。音楽好きで、ジャンル問わず色々聴くという。

 

インスタグラムやYoutubeのフォロワーが少なくても、彼女の感性に触れるもの、

そして才能を感じるミュージシャンを発掘することに夢中だ。

自分の好きなものを発掘していくのが得意な、彼女らしい趣味だ。

この趣味が、そのまま彼女のアートワークのインスピレーションの源になるのだから、なんとも羨ましく、

そして素敵なことだと改めて思う。

 

 

 

“自分の興味をそのまま作品に、そして仕事として形にしている人”

彼女をシンプルに表現すると、こうだ。

 

 

“好きを仕事にする”

これに関しては、色々な考え方や異論がある。

仕事にすることで、“好きなもの”をより多角的に、さらに客観的に見てしまう。

結果、今まで見えなかった“嫌いな面”が見えてくる。

それも踏まえ、さらに深く好きになるか、大嫌いになるか。そんな勝負を強いられる。

 

 

彼女はまさに、このリスクと向き合っている。

そして、彼女がいつも楽しそうなのは、嫌いな面と向き合いつつ、

より好きになるための努力を惜しまない。

ファッション、音楽、映画、料理、ダンス、人、色々な要素と混ざり合うことで、新しい表現を生み出している。

 

 

余談であるが、彼女に会うと、いつもマインドを原点に戻される。

“好きか好きじゃないか”全ての判断の基準が、そこにあってもいいと思える。

とてもいい機会、貴重な時間だ。

 

 

 

彼女のアートワークの背景には、いつも心地よい音楽が流れている。

HIPHOPやSOULが好きだという彼女は、好きなアーティストのイラストもナチュラルに描く。

 

 

米国のミュージシャンKEHLANIのイラストは、彼女のインスタグラムにもよく登場する。

パワフルでクールでチャーミングな女性が好きだという彼女。

きっと近い未来に、彼女はKEHLANIとのコラボレーションを実現するに違いない。

 

 

 

南アフリカのインディポップバンド、SHORTSTRAWとDESMOND&THE TUTUSの日本ツアーでは、

ライブグッズからポスターなどのアートワークを手がけた。

特にライブTシャツのデザインは秀逸だ。

 

 

SHORTSTRAWの独特な軽快さとトロピカルなムードが心地よいポップ、

DESMOND&THE TUTUSのどこか懐かしさを感じる音とボーカルのライトでスモーキーな声、

そしてユニークなPV。

 

南アフリカのミュージシャンの音を初めて知った私は、

心地よい気分と、とてもキラキラした何かを探り得たようで、ハッピーだった。

 

 

SHORTSTRAWのニューシングル“JETLAG”のアートワークでは、

ボーイフレンドが眠る横で、煙草をくわえながらぼんやりとTVを眺める女の子が印象的だ。

この“JETLAG”のPVは、80年代風のカラフルな

色彩が印象的で現実と理想の間をいったりきたりする男の子のストーリーだ。

https://www.youtube.com/watch?v=OUU_ZhStn3U

 

 

当たり前の日常も、見る視点を変えれば、実は非日常的でハッピーなことに溢れているのではないか。

そんな気にさせられる。

 

 

 

さらに紹介させてほしい。

日本の人気ミュージシャン、木村カエラのアートワークだ。

ファッション誌“NYLON JAPAN”とのタイアップ企画「Kaela’s gallery」で、15種類のポスターを製作。

そして誌面では木村カエラとの対談記事も掲載された。

さらに、カエラのライブツアーのアートワークも手がけ、話題を呼んだ。

ライブグッズはあっという間に完売し、彼女のインスタグラムには再販を求めるコメントが殺到した。

 

 

 

木村カエラのファンは、年代層も広く10代から40代までをカバーする。

日本人とイギリス人のハーフであるカエラのスタイリッシュでポップなキャラクターが大人気で、

ファッションアイコンとして、モデルとしても活躍。

様々なクリエイターの注目の的となり、企業の広告にも多数起用された。

そんなカエラの世界観を、WALNUTがさらに広げ、魅力を引き出す。

このコラボレーションは、たくさんのファンを歓喜させた。

 

 

 

このように、音楽と深く関わる彼女だが、最近“料理”に関する仕事が増えているという。

“料理”という分野で、彼女は雑誌に連載を持ち、

プライベートでも食べることが大好きで、色々な店を開拓していくことが好きだと、語っている。

 

 

日本のファッション誌“FUDGE”で、”Let’s BE FOODIES.”というコラムを連載で担当している。

彼女が日頃から好きなお店の、好きなものをピックアップし、手土産にぴったりの1品として毎月紹介するコーナーだ。

カラフルでキュートなドーナツやサラダ、ロブスターロール専門店のボリューム満点の1品など、

ユニークなチョイスだ。

 

そこには彼女の描く料理のイラスト、お店の紹介、彼女のプロフィールがあるだけだ。

料理の写真は掲載されていない。イラストで表現される食感や香り、

色彩全てがイマジネーションに結びつく。

 

子どもの頃、絵本から色々なことを想像したように、イラストから生まれる想像力。

実物の写真よりも、なんだかとてもリアルに感じて、その存在がとても気になる。

写真のシズル感に頼らない、とても新しい観点を持つ連載だと思う。

 

 

 

その他、彼女は自分がプライベートで訪れたお店の、お気に入りの1品を描き続けている。

 

それは、厨房で料理をするシェフをカウンタ越しに描いたものだったり、

お店で友達を待っている間に、ささっと描いたスケッチだったり。

彼女のインスタグラムにはたくさんの料理のイラストが紹介されている。

 

 

彼女はプライベートでも料理を作ることが好きだ。そして、料理を盛り付ける器のチョイスまでもが彼女らしく、

とても上品でセンスが良い。

これも、“彼女の好き”を表現し形にすることで、仕事にまで仕上げた素晴らしい例のひとつだ。

 

 

 

多趣味である彼女は、チャレンジしたいことで常に溢れている。

そして単なる趣味だ、といっていたことが、次会う時には仕事になっている。

 

 

そのパワー。その実現力。

いつも元気で可愛く、そして大胆にわはは!と笑う彼女は、

軽やかに人と繋がり、楽しそうにチャレンジする。

 

 

そんな姿は、当初会った頃から全く変わらない。

すごくすごくいい意味で。