ABOUT HER WORKS

The most tense moment is still “live painting”

Her name is “WALNUT”.

It is a pen name that was born from the cute name of her first name “Kurumi”.

While she usually has a cute impression like “Kurumi”,

She also has masculine and dynamic viewpoint like “WALNUT”.

 

 

[Female Mind and Male Perspective]

Her work is not limited to “fancy illustrations”,

There may be reasons for attracting lots of people here.

 

 

Feminine motifs such as fashion items, girls, cooking,

While she makes them more stylish with a unique method, we also feel unique artwork that imagines the personality of people smoking by brand name of “tobacco” as the theme.

 

 

She doesn’t land masculine motifs into only simple sketches,

 A method to express personality of “smokers” that can be imagined from “brand name of tobacco”,

It is very feminine, I think.

 

 

Male and female eyes, nice balanced viewpoints of both, we can think that

it is comfortable rough, comfortable sensitive.

That is the backbone of her artwork, Maybe herself.

 

 

 

 

The domain of her work is spreading every day.

While introducing some work, I would like to touch on her artwork.

 

Speaking of impressive work,

It is a collaboration with a high brand such as TODS, MARC JACOBS, GUCCI, COACH and so on.

 

 

 

Live painting of each brand’s celebration event, She was handling a lot.

Although she has experienced lots of live performances at many Japanese department stores, she said that the most tense moment is still “live painting”.

 

 

 

When she draws a motif one by one in a pure white canvas,

there was distinctive tension. People who passed by also stopped their feet,

people waiting in line from early, took their breath on the air feeling.

In the completion drawing of artwork, she does not decide any details from the beginning,

it is said to inflate the image while her drawing.

 

 

While feeling the gaze of a lot of people, inflate imagination,

make live performance as well as a place of artwork. Amidst the tension,

She exercises creation beyond imagination.

 

 

Furthermore,

with a tieup project between “GUCCI” and Japanese fashion magazine “Oggi”,

she created the “GUCCI BOOK”.

 

 

Items such as bags and wallets that Alessandro Michele’s  retro-futuristic worldview drifts,

people in Gucci wrapped up a new feeling of air with her illustration, finished in a masterpiece book that pleasantly stimulates the imagination of the people.

 

Advertisements such as expensive brand bags and shoes are as close as possible to the actual product,

under the thorough art direction to make it better, shooting  is an implicit rule in the fashion industry,

but it became a book that overturned that common sense.

 

 

“Illustration” that is the furthest analog representation method from the actual dare,

stimulate the imagination of the people and drive purchase motivation.

 

 

When watching her illustration, it seems familiar to a bag with a strong design.

For this book, there were a number of people who ran to buy “Oggi”.

 

 

As you can see, collaboration works with fashion brands grows steadily.

With a long-established brand from Scotland “Traditional Weatherwear”,

she handled a limited T-shirts with illustrations. To a simple border pattern,

By entering her illustration, it becomes a rough playful one.

 

 

 

 

 

In a recent impressive work, the shoe brand from Singapore

Collaboration with “CHARLES & KEITH”.

 

She made only 100 hand-written illustration bags for women,then

immediately sold out in several hours after release.

“CHARLES & KEITH”appointed herself as a model,

and advertising such as movies and visuals was sent from SNS and WEB site.

By the appearance of the illustrator himself, I will use this bag,

It promotes motivation and sympathy of women of the same generation.

 

 

“Illustrator with high affinity with fashion”

She has such a strong impression, but her illustration itself

I feel that they play the role of fashion.

Just having her illustration on the usual bags and T – shirts makes my day feel better.

 Topics about “favorite illustrations” are exciting.

 

 

 

“I think there is this work for such a moment.”

She always talks happily about her work.

 

彼女の名前はWALNUT

ファーストネーム“くるみ”という可愛い名前から、生まれたペンネームだ。

普段の彼女は“くるみ”らしいキュートな印象もある一方で、

“WALNUT”という男性的でダイナミックな思考を併せ持つ。

女性のマインドと男性の視点。

彼女の作品が、 “おしゃれなイラスト”に留まらず、

たくさんの人々を魅了する理由はここにあるのかも知れない。

 

 

ファッションアイテムや女の子、料理などフェミニンなモチーフを、

ユニークな手法でスタイリッシュに仕上げてしまう一方で、

“煙草”をテーマに、銘柄別に吸う人のパーソナリティを想像させるという、

ユニークなアートワークも、彼女ならでは感覚だ。

 

 

男性的なモチーフを単なるスケッチに着地させず、

 “銘柄”から想像できる、“吸う人”のパーソナリティを表現する手法は、

とても女性的だ。

男性目線と女性目線、両方の視点をバランスよく備え、

心地よくラフであり、心地よくセンシティブである。

それが彼女のアートワークの根幹であり、彼女そのもの、なのかもしれない。

 

 

 

彼女の仕事の領域は、日々広がっている。

いくつかの仕事を紹介しながら、彼女のアートワークについて触れていきたい。

 

 

 

印象的な仕事といえば、

TODS, MARC JACOBS,GUCCI,COACHなどのハイブランドとのコラボレーションだ。

各ブランドのセレブレーションイベントのライブペインティングを

多数手掛けている。

多くの日系デパートでのライブをたくさん経験してきた彼女だが、

一番緊張する瞬間は、今もライブペインティングだという。

 

 

 

彼女が真っ白なキャンバスにひとつずつモチーフを描き出すと、独特な緊張が漂う。

通りすがりの人もふと足を止め、早くから並んで待っていた人々も、

その空気感に息を飲む。

アートワークの完成図においては、初めから細かいことは決めず、

描きながらイメージを膨らませていくという。

 

大勢の人の視線を感じながらも、イマジネーションを膨らませ、ライブパフォーマンスとして、

アートワークの見せ場も作る。その緊張感の中で、

彼女は想像以上のクリエーションを発揮するのだ。

 

 

 

さらに、GUCCIと日本のファッション誌“Oggi”とのタイアップ企画で、

”GUCCI BOOK”を手掛けた。

アレッサンドロ・ミケーレのレトロフューチャーな世界観が漂うバッグやウォレットなどのアイテム、

グッチにまつわる人々が、彼女のイラストによって、さらに新たな空気感を纏い、

見る人の想像力を心地よく刺激する圧巻のブックに仕上がった。

 

 

ハイブランドのブランドバッグやシューズなどの広告は、現物にできるだけ近く、

さらによりよく見せるために徹底したアートディレクションのもと、

撮影を行うのがファッション業界での暗黙の掟であるが、その常識を覆すブックとなった。

 

 

“イラスト”という、あえて現物から一番遠いアナログな表現手法で、

ターゲットの想像力を刺激し、購入モチベーションを駆り立てる。

彼女のイラストを見ていると、少しデザインが強いバッグも、身近に感じてしまうから、不思議だ。

このブックを目当てに、“Oggi”を買いに走った人は数知れない。

 

 

 

このように、ファッションブランドとのコラボレーションはどんどん広がる。

 

スコットランド発の老舗ブランド ”Traditional Weatherwear”とは、

イラスト入り限定カットソーを手掛けた。シンプルなボーダー柄に、

彼女のイラストが入ることで、ラフな遊び心のある1枚になる。

 

 

 

さらに最近の印象的な仕事では、シンガポール発のシューズブランド

“CHARLES & KEITH”とのコラボレーション。

彼女の手書きイラスト入りバッグを限定100個制作した。

発売後、数時間で即完売。

CHARLES & KEITHは、彼女自身をモデルに起用し、

ムービーやビジュアルなどのアドバタイジングをSNSやWEBサイトから発信。

イラストレーター本人が登場することで、このバッグを使うであろう、

同世代の女性達のモチベーションや共感に訴えるプロモーションだ。

 

 

 

 

ファッションとの親和性が高いイラストレーター。

そのような印象が強い彼女だが、まさに彼女のイラストそのものが

ファッションの役割を担っていると感じる。

 

 

いつも使うバッグやTシャツに彼女のイラストがあるだけで、なんだか気分が上がりその日が楽しくなる。

 “お気に入りのイラスト”について話題が盛り上がる。

 

 

「そんな瞬間のために、この仕事はあると思う」

自身の仕事について、彼女はいつも楽しそうに語るのだ。