Prince Picnic. It’s a synonym for him in Japan.

"connecting people and town with food" is his concept of work.

Prince Picnic.

It’s a synonym for him in Japan.

It is a prince whose name seems to be somehow funny, but if I says anything, as a “picnic coordinator”,

he works based in Kyoto,Japan.Then he is a “space designer”.

 

Additionally, he has another face of restaurant chef.

 

 

I met him more than 10 years ago, at that time,

he was in the architectural world. As a space designer,

How to make use of every store and other places well, between people and people, he created a communicating space to connect,and he was looking at architecture from like this viewpoint.

From that time on, surely he liked nothing more than communicating with people, I think. From the point of view of building and space design, he had trial and error for opportunity of communications.

 

 

Now, at that time, he may have found a certain direction.

 “Food” content as a subject of communication creation,

he put it in the center. It is an activity of “connecting a person and a place with food as a trigger”.

 

 

When I go any countries, personally I have a feeling about the concept of “wanting to eat delicious food”

as one of the great value everyone has.

 

It also leads to knowing various cultures around the world,

It also helps to connect with local people.

The power of “food” content is immeasurable.

 

 

Malaysia where I live is another ethnic country,

and there are three major ethnic groups coexisting with Malay, Chinese and Indian,

and they are different from each other Culture exists. In other words, the food culture is also varied,

each one accepts each culture, and receives the impression that all people enjoy the difference.

 

 

I feel that the climate that accepts its diversity fosters the country’s distinctive generality.

Then among the diversity, the strength of the content “food”,

It is a dignified establishment.

If we spend money on cars and fashion, let’s eat delicious food with family. Briefly,

it is such a trend.

 

 

“Eating delicious food happily with everyone”

Perhaps this may be the ultimate form of happiness.

Every time I live in this country, and whenever I hear that he will talk about his activities happily again,

I realize again.

 

 

Although the talk diverted, when thinking from that point of view,

I can sympathize much with the concept of “connecting people and town with food”that he produces.

 

In Japan as well, many people resonate with this concept,

Many people will participate in events and workshops organized by him.

 

 

“Picnic” is the birthplace of the 18th century from Britain,

It is said that it means “bringing”.

 

[Creating, Connecting, Gathering, Sharing]

from these four perspectives, he plans a lot of events and workshops.

 

Operation of his hideout restaurant called “Yama no table” is also

one example of that planning.

 

Now, let’s look in the brain of the picnic prince, Masahiro Tainaka!

ピクニック王子。

彼の日本での異名だ。

なんだか楽しそうな名前の王子だが、彼が何者かというと、

ピクニックコーディネーターとして日本、さらに京都を拠点に活動するプランナーである。

そして、レストランのシェフというもう1つの顔を持つ。

 

 

私が彼に出会ったのは、もう10年以上も前になるが、

その頃、彼は建築の世界にいた。空間デザイナーとして、あらゆるお店などの場所をどう上手く活用し、

人と人とを繋ぐコミュニケーションスペースをクリエイトできるか、という観点で建築を見ていた。

その頃から、きっと彼は人とコミュニケーションすることが何より好きだったのだろうと思う。

そのきっかけ作りを、建築、空間デザインという観点から試行錯誤していたという印象だ。

 

 

今、その時を経て、彼は1つの確かな方向性を見出したのかもしれない。

「食」というコンテンツをコミュニケーション作りの題材の中心に置いた。

“食をきっかけに人と場を繋ぐ”という活動だ。

 

 

どこの国へ行っても個人的に感じるのが、誰もが持っている大きな価値の1つとして

“美味しいものを食べたい”という概念が存在する。

 

それは世界中の色々なカルチャーを知ることにも繋がるし、

現地の人と繋がるきっかけにもなる。

“食”というコンテンツが持つパワーは、計り知れない。

 

 

余談だが、私が住むマレーシアは、他民族国家であり、マレー系、チャイニーズ系、インド系と大きく3つの民族が共存しており、それぞれ違ったカルチャーが存在する。

つまり食文化も様々で、お互いが各々のカルチャーを受け入れ、そしてその違いを楽しんでいる印象を受ける。

その多様性を受け入れる風土が、この国独特のおおらかさを育んでいるのだと実感する。

そして、その多様性の中に、“食”というコンテンツの強さは、

堂々と確立された存在である。

 

車やファッションにお金を使うなら、家族で美味しいものを食べよう。

簡単に言えば、そのような傾向にある。

 

 

「美味しいものをみんなで楽しく食べること」

もしかしたら、これが究極の幸せの形なのかもしれない、

と、この国に住みだしてから、そしてさらに彼が楽しそうに自らの活動を語るのを聞くたびに、改めて実感する。

 

 

話が逸れてしまったが、その観点で考えると、彼が作り出す「食で人と街を繋ぐ」というコンセプトは

大いに共感できるし、日本でもおそらくたくさんの人がこのコンセプトに共鳴し、

彼が主催するイベントやワークショップに参加するだろう。

 

 

 “ピクニック”とは18世紀のイギリス発祥の言葉で、「持ち寄り」を意味する言葉だそうだ。

「つくる、つながる、つどう、つたえる」、この4つの視点で、彼はたくさんのイベントやワークショップを企画する。

 

“山のテーブル”という、彼の隠れ家レストランの運営も、そのプランニングの1つの事例だ。

 

さあ、ピクニック王子こと、”對中剛大”の頭の中をのぞいて見よう。