ABOUT Masahiro Tainaka

When I was 3 years old, I had cut a duck 's meal with a kitchen knife kept at a nursery school.

INTERVIEW of Masahiro Tainaka

 

Prince Picnic.

It’s a synonym for him in Japan.

He is a“picnic coordinator”, based in Kyoto,Japan.

Then he is a “Landscape designer”.

Additionally, he has another face of restaurant chef.

Which faces are him ?

All is him.

 

We had an interview to him. He told us about himself and his expressions,

his favorites, his private more and more.

 

 

 

Q Please tell me about yourself, such as profile, career, favorite things.

 

 

I am active as a landscape designer, picnic coordinator, cook.

Based on the concept of “thinking about the point of contact between people and people”, I designed a landscape

“to create a place”, a “place to using well ” from the perspective of a picnic coordinator, developed to “activities linking people and places through meals”.

We also do design, town planning, event planning, provision of dishes, producers of stores and galleries.

 

 

[About the career]

Born in Osaka city in 1981. Graduated from the art university,

after working as an architectural design office, I worked at the landscape design office in Osaka. Established “Tainaka office”

in 2014. At the same time, I involved in the launch of a beautiful garden and cafe · gallery · shop · community space, branding and cooking recipe development called [GULIGULI], president of the landscape company in Osaka. After that operated the facility as a producer.

 

 

In the summer of 2017, the “Yama_no_Table”(means Table on the mountain) was opened at a nursery school which was the only village in Kyoto Prefecture, which was a school of Minamiyamashiro village. In this area blessed with tea and rich ingredients, we manage local foods and managed multi-purpose spaces where local people and people outside the prefecture gather. It is an opportunity for community development and charm dissemination in depopulated areas.

 

 

 

[Profile]

 

I liked making things from a young age, drawing pictures, making toys and play tools with trees and paper.

 When I was in junior high school student, I liked baseball and I was making a model of a baseball field well.

 

 

Then, traveled and camped often accompanied by family.

I also started cooking when I noticed it. I felt that manufacturing and cooking were similar. When I was 3 years old, I think that I had cut a duck ‘s meal kept at a nursery school with a kitchen knife.

Mother’s food is delicious. Although she was a busy person for working , she always made three meals for me.

It may be the influence of such a mother that likes cooking.

I often stood in the kitchen since I was little, and I often make “brackish & radish” my mother made well.

Because my family didn’t eat out almost, my mother cooked while devising. I have never learned cooking at school or shop, there is no remembrance that I studied cooking by reading books, I decided to cook cuisine with the idea of ​​carefully making it tasty while relying on my experience and memory of material taste.

Maybe this is the mother’s turnover.

 

From the experiences at that time, we started activities as a picnic coordinator to do landscape design with a mechanism that “people” and “place” connect with “food” as a trigger. Initially, my work was  on outdoor event planning, wedding planning and catering food, then I was in charge of making recipes for lunch boxes to take outdoors in the work of web magazine.

After I began making seasons, times, places, people, numbers, scenes, picnic concepts every time, I noticed that cooking and design are the same, changed seasoning and cooking method according to the season, I am conscious of making cooking.

I always make foods using things in the local area, carefully cherish the ingredients that local people make, know who made it,

the basic climate of the area and we appropriate for the living thinking about.

 

 

 

 

Q Could you tell me more about your “like” such as your favorite dish, favorite shop, favorite chef.

 

Favorite cuisine:

Japanese cuisine, local cuisine It is the best such as delicious soup baked stews. I also like sake and wine.

 

Favorite shop:

The shop where the customer is delightfully eating deliciously

 

 

Favorite chef:

People who carefully use ingredients, and people who making amazing combination with ingredients.

 

When I ate the cuisine of “noma”, experiencing the world as a different taste from past experiences, I thought, the possibility of cooking has expanded. The most surprising thing was service.

The style of the shop is also important, further, to each customer tailored. When I was a bit nervous, they talked happily and the explanation was so polite.

 

 

 

 

Q About favorite music, musicians (If you have a favorite music, please tell me.)

 

 

Classical is Bach and Debussy.

When I was a student, I headed to “Yutaka Ozaki”.

I listened to parents’ records and cassette tapes, so I like Southern All Stars,

Yosui Inoue, Takuro Yoshida and others.

Recently I did not identify and listen to music or buy songs.

When I am at the my restaurant, since the surroundings are mountains,

I can always hear beautiful birds’ voices,

so the custom of putting music is gone.

 

 

 Q Please tell me about your favorite country and culture.

If you have a country you want to live in the future, also the reasons.

 

 

I would like to live in France and Europe. I hope there is a country with delicious dishes, a sea and a mountain. My target is being in Japan for half of a year, half of Europe.

The reason I like France, I think that regional areas have distinctive wines and cuisines, delicious items, and the quest for beautiful things are also excellent.

Recently when I visit to the France, not to Paris but another districts. Although traveling to other countries, eating things in the area, shopping in Marche and relaxing while interacting with those in the country. I try to experience while living, not traveling around sightseeing spots.

 

 

 

 

Q How is the future shape of a “picnic” that connects people by the cooking?

 

It is good to be able to do it regardless of country or religion. It is important that “bringing” for picnics, and bringing is to think about things that you bring with consideration to the participants.

Although it is still a little in Japan, if there is something absolutely unable to be eaten due to allergy or religion, think about that person and become a catalyst to know more. If I can care about the other party, I think that it will be an opportunity to increase the number of people who can receive the various things.

 

 

 

Q What is the current recommended menu of

Yama_no_ table (name of his restaurant) ?

 

It is tea. It is a crowd, now is the season of the new tea.

From now on, many summer vegetables will come out. The area called “Dosenbo” with a mountain table is located at an altitude of 500 m and there is a difference in temperature and delicious ingredients can be produced.

Tea and rice here and tomatoes are particularly delicious in summer. The menu changes every day using local ingredients and products that recognize the face of the maker. Then I make of recipes by seeing what was collected on the day with the ingredients of the village. It is fun for me both day and day.

 

 

 

Q If you say Yama_no_ table (name of his restaurant)in one word?

 

It is a “multipurpose space” on the top of the mountain.

Renovated the nursery school to the current space.

A place where people communicate with each other through workshops as well as food.

 

A simple space just to put a table on top of the mountain.

People gather there. It is such a place.

Local people always bring vegetables, people outside the prefecture bring local things,

and cook it and enjoy meals.

This is also a new form of a picnic, I think.

彼の名前は、對中剛大。

またの名を、ピクニック王子。

彼の日本での異名だ。

なんだか楽しそうな名前の王子だが、彼は何者かというと、

ピクニックコーディネーター、ランドスケープデザイナーとして

日本、さらに京都を拠点に活動するプランナーである。

「食で人と街をつなげる」

これが彼のすべての仕事に共通する大きな根っこ、つまり、コンセプトだ。

そのインスピレーションの数々を、いくつかの仕事を通して紹介していきたい。

以下は、彼のインタビューである。

********

Q プロフィール、経歴、好きなこと、など自分についてなんでも語ってください。



 

ランドスケープデザイナー、ピクニックコーディネーター、料理家として、活動しています。

 


「まちと人の接点を考える」をコンセプトに、“場所を作る”ランドスケープデザイン、“場所のつかいこなし”を、ピクニックコーディネーターの視点でデザインし、

「食事を介して人と場所をつなぐ活動」に展開。


設計やまちづくり、イベント企画、料理の提供、店舗やギャラリーのプロデュースなども行っています。

 

 



[経歴]


1981年大阪市生まれ。2004年芸術大学を卒業。建築設計事務所を経て、大阪のランドスケープデザイン事務所に勤務。
2014年にタイナカ_オフィス開設。同時に大阪・池田市にある、造園会社社長が営むGULIGULIという、美しい庭とカフェ・ギャラリー・ショップ・コミュニティスペースの立上げ、ブランディング、料理のレシピ開発に携わる。その後プロデューサーとして施設の運営を行う。

2017年夏、京都府で唯一の村、南山城村の廃校になった保育園で「山のテーブル」をオープン。お茶と豊かな食材に恵まれたこの地で、ローカルの食材を使った食事や、地元の方と県外の方が集える多目的スペースを運営。
過疎地域でのまちづくりや魅力発信の機会としている。



 

 

 

 

[プロフィール]


幼いころからものづくりが好きで、絵を描いたり、おもちゃや遊び道具を木や紙などで作って遊んでいました。


中学の時は野球が好きで野球場の模型をよく作っていました。家族に連れられ旅行やキャンプもよく行きました。


料理も気が付いたら始めていました。ものづくりと料理も似ていると感じていたんでしょう。


3歳の時には保育園で飼っていたアヒルの食事を包丁で切ってあげていたと思います。


母の料理が美味しくて。共働きで忙しい人でしたが必ず3食作ってくれていました。


料理が好きなのはそんな母親の影響かもしれません。小さいころから台所に立つことも多く、

母が良く作っていたブリ大根は私もよく作ります。ほぼ外食をする家ではなかったので、

母は工夫をしながら料理をしていました。
私は、料理を学校やお店で習ったことはなく、

また料理の本を読んで勉強したという記憶もなく、これまでの経験や素材の味に頼りながら丁寧に美味しく作る

という考えで料理をしています。これも母親譲りなのかもしれません。

 

 

 

ランドスケープデザイン事務所に勤めていた2011年。フランスに行き建築や公園などを見て回りました。

場所づくりにはハードの整備に加え、人が集うことで生まれる賑わいの風景をつくることが大切だと気づきました。 


木陰の下で本を読んだり、時には陽にあたり日光浴をしたり。


椅子を自由に動かし自分の好きなスタイルで座ったり。公園で結婚式やピクニックを楽しんだり。

その風景は屋外をつかいこなすアウトドアリビングのよう。そんな場所活用による風景づくりを日本で行いたい。


 

 

その時の体験から「食」をきっかけに「人」と「場所」がつながる仕組みでランドスケープデザインを行う、

ピクニックコーディネーターとしての活動を始めました。
当初、屋外のイベントの企画、結婚式の企画や料理のケータリング

などを携わりながら、WEBマガジンでのお仕事で、屋外に持っていくお弁当のレシピ作りを担当。季節、時間、場所、人、数、シーン、毎回のピクニックコンセプトを考えて作るようになってからは、

料理とデザインが同じだと気付き、季節に応じて味付けや調理法を変え、

毎回オリジナルの料理を作ることを意識しています。食材はその地域(仕事をする地域)の物を使うようにし、

地元の方が作られるもの、誰が作ったかわかる食材を大切に、地域の気候、

暮らしに合ったものをいただくことが基本だと考えています。



 

 

 

 

 

 

Q 好きな料理、好きなお店、好きなシェフなど、あなたの“好き”についてもっと教えて。

 

好きな料理:

和食、ローカルの料理
美味しい出汁のきいた煮物など最高ですね。
日本酒やワインも好きです。

 

好きなお店:

お客さんが嬉しそうに美味しそうに食べているお店



好きなシェフ:食材を丁寧に使う人や面白い組み合わせ方をする人。nomaの料理を食べて、これまでの経験とは違うところの味覚、世界を体験して、料理の可能性が広がりました。
また一番驚いたのはサービスです。お店のスタイルも大切ですが、お客様それぞれに合わせた接客。緊張をしていたら和やかに話しかけ、説明も丁寧でした。

 

Q 好きな音楽、ミュージシャンについて

 

クラッシックはバッハやドビュッシー

学生の頃は尾崎豊にはまりました。
両親のレコードやカセットテープを聞いていたので、サザンオールスターズや井上陽水、吉田拓郎さんなど好きです。
最近は特定して聞いたり、曲を買ったりしなくなりました。
山のテーブルにいると、周りが山に囲まれているのできれいな鳥の声が常に聞こえくるので、音楽をかける習慣がなくなりましたね。


 

 

 

Q 好きな国やカルチャーについて教えてください。将来住んでみたいと思う国があれば、その理由も。

 

 

フランスやヨーロッパに住みたいですね。美味しい料理がある国、海があって山があるといいですね。
目標は1年の日本半分、ヨーロッパ半分。フランスが好きな理由は、地域地域でワインや料理に特色があったり、美味しいもの、美しいものへの探求心も優れているように思います。
最近はフランスでもパリではなく地方に行きます。

ほかの国への旅行もですが、その地域の物を食べて、マルシェで買い物をして、その国の方と交流しながらゆっくりすること。観光地を回る旅行ではなく暮らしながら体験するようにしています。

 

 

 

Q 料理で人を繋げる“ピクニック”の未来形はどんな感じですか?

 

国や宗教を問わずできると良いですね。ピクニックは「持ち寄る」ことが重要で、持ち寄るということは参加する相手のことを思いやりながら持っていくものを考えるということ。

日本ではまだ少ないですが、アレルギーや宗教の関係で絶対食べられないものがあるとしたら、その人のことを考え、より多くのことを知るきっかけになる。
相手のことを思いやることができれば、様々なことを受け止めることができる人が増えるきっかけになると思います。

 

 

 

Q 山のテーブルの今のおすすめメニューは?

お茶です。お茶どころですし、今は新茶の季節。これからは夏野菜が沢山出てきます。山のテーブルのある童仙房という地域は標高500mにあり寒暖差があり美味しい農産物ができる地域です。ここのお茶やお米、夏はトマトが特に美味しいです。
メニューは地元の食材や作り手の顔がわかる商品を使い、毎日変わります。村の食材でその日に採れたものを見てレシピを考える。
自分にとっても毎日発見があり楽しいです。

 

 

 

 

Q 山のテーブルを一言で言うなら?

 


山の上の多目的スペースです。

もと保育園を現在のスペースへと改装。食はもちろん、ワークショップなどを通じて、

人と人とがコミュニケーションする場所。

 

山の上にテーブルを1つ置いただけのシンプルな空間。

そこに人が集う。そんな場所です。
地元の方が野菜を持ってきたり、県外の方が地域の物を持ってきたり、

それを料理し、食事を楽しむ。

これも新しい形のピクニックです。