What’s the “PICNIC SUMMIT” ?

“PICNIC SUMMIT” is a style of bringing out local cuisine and memories of your own.

His name is Masahiro Tainaka.

Another name, Prince Picnic.

This is a synonym for him in Japan.

It is a prince whose name seems to be somehow funny, but if we say someone, picnic coordinator,

landscape designer.

He is a planner who works based in Kyoto,Japan.

 

“Connect people and street with food”

This is a big root common to all his work, a concept.

but I would like to introduce some of the inspiration through some fabulous works.

 

The below is his interview.

***************************

 

 

 

I always think what I can do locally.

 

From the viewpoint of landscape design, think about the local topography, climate, direction etc.

Thinking about what kind of content is best and drop this idea in the design.

In case of cooking and picnics are the same.

 

 

 

[Eating outdoors = a picnic]

The picnic was said to be “etiquette” by etymology,

and it was an exchange party in the room that the nobility enjoyed at the beginning.

As a result of cooking, I will “interchange” the conversation.

What is necessary there?

I am thinking about how to behave.

 

 

 

The important thing is to “share”. Resonance with people and nature.

In case, for example,

“Picnic Summit” of my event is a style of bringing out local cuisine and memories of my own.

Even if you do not understand the language abroad, you can imagine the food culture,

the area of ​​the sea and the mountains,

the environment where friends were born and raised if you look at the meal.

From the word “It was my mother’s taste”, I can share my mother’s love.

 

 

 

Furthermore, picnics can only be done in peaceful places.

There is no point in hatching and the meal is not delicious.

In case, Interact with participants by sharing meals.

It is also important to know about your opponent and think about it. In the future,

if international meetings can be done as “Picnic Summit” , How wonderful it is!

Just thinking is so exciting!

 

 

 

The project “Crony is a picnic”

 

It is a picnic with participants as the same generation, with presentation of activities,

and work with friends for work and friendship making.

In case, I will make meals with my friends.

We invite artists, freelance, people who would like to introduce them.

Then, Participants bring their own dreams and ideas.

Share your dreams, your friends can talk.

 

 

In this work, the chance of this work was “picnic”.

How wonderful this is (laugh)!!

 

 

Cooking activities have been going throughout Japan.

In all case, I make original recipes for that day.

We will have local food and seasonal ingredients.

 

In a small rural village, in Tamba city, Hyogo prefecture,

local ingredients and agricultural products harvested at each house,

we bring recipients to the local people, making recipes from the materials,

cooking together them.Then the problem of depopulated areas,

we will invite people from the city to deal with problems such as population reduction,

shortage of agricultural leaders, promotion of migration to the city center,

we will encourage deepen the exchange.

 

Make cooking together and exchange.

 

 

Next time, and next time, make cooking in that area.

In this way, I assume that this event will continue without me.

In addition, in Gifu city we held a temple event on the day of summer solstice.

 

With the importance of the day, appreciation for nature,

designing instruments using bamboo of the temple as a trigger to carefully eating the regional food,

and coordinating the event of lighting the candle.

 

 

It is because of the desire to concentrate on food and eat with the light

 in front of themselves. In this way, from the perspective of landscape design,

I will coordinate the lifestyle.

That thinking may be the root of my activity.

 

彼の名前は、對中剛大。

またの名を、ピクニック王子。

彼の日本での異名だ。

なんだか楽しそうな名前の王子だが、彼は何者かというと、

ピクニックコーディネーター、ランドスケープデザイナーとして

日本、さらに京都を拠点に活動するプランナーである。

「食で人と街をつなげる」

これが彼のすべての仕事に共通する大きな根っこ、つまり、コンセプトだ。

そのインスピレーションの数々を、いくつかの仕事を通して紹介していきたい。

以下は、彼のインタビューである。

 

********

 

常にローカルで出来ることを考えます。

ランドスケープデザインの観点から、その場の地形や気候、方角などを考え

どんなコンテンツが最適かを考えデザインに落とす。


料理やピクニックも同じですね。

今では屋外で食事をする=ピクニック。

ピクニックは「持ち寄る」が語源といわれ、最初は貴族が楽しむ室内での交流パーティでした。

料理をきっかけに、会話を弾ませ「交流」する。そこに何が必要か。

どのように振る舞うか、を考えています。

 

大切なことは「共有する」ということ。人や自然との共鳴。



例えば私の主催する「Picnic Summit」は自分の郷土料理や思い出の料理を持ち寄るスタイルです。

海外で言葉が通じなくても、食事を見れば、食文化、海や山の地域、生まれ育った環境を想像できます。

「母の味だった」という言葉から、母の愛を共有することができます。

 

 

さらに、ピクニックは平和な場所でしかできません。

憎み合いには意味がないし、せっかくの食事も美味しくない。


食事を共有することで、参加者と交流する。相手のことを知る、考えることも大切。


将来、国際的な会議が「Picnic Summit」として行うことができれば、

どんなに素晴らしいことか。

考えるだけでわくわくします。



 

 

 

「きっかけはピクニック」というプロジェクトは、

参加者を同世代とし、活動の発表や、仕事や友人づくりのために、仲間と始めたピクニックです。


食事は仲間と一緒に作ります。


アーティストやフリーランス、紹介したいなという方を招待します。


参加者は自分の夢や、アイディアを持ち寄ります。

夢を共有し、仲間ができ話が進む。


この作品の、この仕事のきっかけは「ピクニック」だった。

なんてこれまた素敵ですね(笑)


 

 

 

料理の活動は、これまで日本各地で行ってきました。


すべて、その日のオリジナルのレシピをつくります。

地域の食、旬の食材をいただく。


兵庫県丹波市での小さな農村集落では地元の食材と各家で採れた農産物を、

地域方々に持ってきていただき、その材料からレシピをつくり、

一緒に料理を作ります。そして過疎地域の課題である、人口減や農業の担い手不足、

都心への移住促進といった問題に対し、都会からの人々を招き交流を深め解決のきっかけにしていきます。

料理を一緒につくり、交流する。

 

次回も、そしてその次も、その地域で料理を作る。

このように、私がいなくても続いていくことを前提としています。

 

 

 

 

また岐阜市では夏至の日にお寺を使ったイベントを行いました。

一日の大切さ、自然への感謝をこめ、丁寧に地域の食をいただくきっかけとして、お寺の竹を使った器をデザインし、

さらに、竹に蝋燭で灯りを灯し食事をするイベントをコーディネート。

自身の目の前にある灯りで、食に集中し食べていただきたいという思いからです。



このように、ランドスケープデザインという観点で、ライフスタイルをコーディネートしていく。

それが私の活動の根幹かもしれません。