Do you know the "EART"?

It is a coined word meaning "ART that can be Eaten".

His name is Masahiro Tainaka.

 

Another name, Prince Picnic.

This is a synonym for him in Japan.

It is a prince whose name seems to be somehow funny, but if we say someone, picnic coordinator,

landscape designer.

He is a planner who works based in Kyoto,Japan.

Then he has an another face called restaurant chef.

 

 

“Connect people and street with food”

This is a big root common to all his work, a concept.

 

He has such a lot of titles,

but I would like to introduce some of the inspiration through some fabulous works.

 

 

 

 

Do you know the word “EART”?

“Eat + Art = EART”

 

 

It is a coined word meaning “ART that can be Eaten”.

This was done in 2016, for his collaboration event,

It is a title.

Collaboration with Japanese artist : Saki Tanaka.

It is the performance of “Food and Art”.

 

Even in private, he loves arts and architectures, he often goes to museums, he said.  

Flexibly incorporate what he likes, creates more fun things.

Like this workstyle of creating something that touches the human emotion,

it makes us feel relaxed and comfortable somewhere.

 

To be honest with his “likes”, the more and more ages,

we think that it is important.

 

Well, the encounter between “Food” and “Art” at the center of his communication expression. Visualize the food more beautifully coloring, we enjoy it with eyes, until we realized that ate it as one art work.

 

To stimulate all of the five senses, can I call a unique air feeling that the spine grows?

 

The burning sound of the meat, fragrance.

The sound of cutter and scissors cutting paper.

 

It is comfortable to trace its air, the sound of old organ and string instrument spread.

 

 

 

Meat, vegetables, beans, colorful sauces.

The shape and color of all ingredients.

While being served quietly on a pure white canvas,

works are drawn.

 

 

 

Visual, auditory, olfactory, taste, touch.

A series of moments when every sensation intersected and mixed.

 

“Foodstuff” becomes art, and finally the process which changes beautifully to cooking.

The moment the audience’s consciousness changes all at once. Then the moment such eyes awake is the real pleasure of live art, I think.

 

 

 

 

Enjoy improvisation.

He can enjoy tasting the sense of distinctive, and the tasting of the workshop mood.

Maybe, this is the answer that shakes a lot of people’s hearts with his cooking and events?

 

 

At the night and night, he continued experiment until the day of the event.

How to make it interesting as a performance?

What is a food with a theme of soils?

While rehearsing many times, there was a series of trial and error.

 

 

There seems to be a correct answer and it does not exist.

That is “art and cooking”.

 

 

 

Thoughts of art and thought of cooking.

It is similar in the process of creating and enjoying with the eyes and the brain. However, if there is a difference, whether it is delicious properly when eating, of course.

In addition, by mixing all ingredients and sauces, furthermore

whether it can realize miraculous taste collaboration that it is delicious. The height of the hurdle is unimaginable.

 

The another chef who can jump over this hurdle is not likely to exist.

 

 

The expressions of the people who were enveloped by the breathtaking tension and surprises,

were also overflowing with a smile when eating the dishes.

 

We can say the best experience of watching the process drawn from a single line and

eating the finished art and tasting it.

 

 

 

 

 

“In the near future, I would like to realize this performance  in other places, countries! “

 

He always speaks softly and joyfully.

彼の名前は、對中剛大。

 

またの名を、ピクニック王子。

彼の日本での異名だ。

なんだか楽しそうな名前の王子だが、彼は何者かというと、

ピクニックコーディネーター、ランドスケープデザイナーとして

日本、さらに京都を拠点に活動するプランナーである。

そして、レストランのシェフというもう1つの顔を持つ。

 

 

 

「食で人と街をつなげる」

これが彼のすべての仕事に共通する大きな根っこ、つまり、コンセプトだ。

そんなたくさんの肩書きを持つ彼だが、そのインスピレーションの数々を、いくつかの仕事を通して紹介していきたい。

 

 

 

 

 

「EART」という言葉をご存知だろうか?

「Eat+ Art=EART」

“食べられるアート”を意味する造語だ。

これは2016年に行われた、彼のコラボレーションイベントのタイトルである。

アーティストの田中紗樹とのコラボレーション。

「食とアート」のパフォーマンスである。

 

 

 

プライベートでもアートや建築が好きで、美術館へよく足を運ぶという彼。

好きなものを柔軟に取り入れ、より楽しいもの、より人の感情に触れるものを生み出していくというワークスタイルには、

どこかリラックスした心地良さすら感じさせる。

自分の“好き”に素直であること、年齢を重ねれば重ねるほど、

大切だと改めて実感するのだ。

 

 

 

さて、彼のコミュニケーション表現の中枢にある「食」と「アート」の出会い。

食をより美しく彩りながら視覚化し、目で楽しみ、食べて実感するまでを1つのアート作品として発表した。

 

 

五感の全てを刺激する、背筋が伸びるような独特な空気感と言おうか。

肉の焼ける音、香り。

紙を切るカッターやはさみの音。

その空気をなぞるように心地よく、古いオルガンや弦楽器の音色が広がる。

肉、野菜、豆、カラフルなソース。すべての食材の形や色彩が、

真っ白なキャンバスの上に静かに盛り付けられながら、作品は描かれていく。

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚。あらゆる感覚が交差して混ざりあった瞬間の連続。

 

 

 

“食材”がアートになり、そして最後には料理へと美しく変化していく過程。観客の意識が一斉に入れ替わる瞬間。

こういう目が醒めるような瞬間こそがライブアートの醍醐味だ。

 

 

 

即興を楽しめること。

現場が持つ、独特の緊張感と崇高感を美味しく味わえること。

それが彼の手がける料理やイベントで、たくさんの人の心を揺さぶる秘訣だろうか。

 

 

 

イベント当日まで、夜な夜な実験を続けたという。

パフォーマンスとして面白く見せるには?

土をテーマにした食とは何か?

リハーサルを何度も重ねながら、

試行錯誤の連続。正解があるようで存在しない。

それがアートであり、料理である。

 

 

 

アートの思考と、料理の思考。

 

 

 

クリエイトする過程や目や脳で楽しむという部分では似ている。

しかし違いがあるとすれば、見た目はもちろん、食べた時にきちんと美味しいかどうか。

さらに言えば、すべての食材やソースが混ざることで、より美味しいという

奇跡的な味のコラボレーションを実現できるかどうか。

そのハードルの高さは想像を絶する。

 

 

 

このハードルを軽々飛び越えられるシェフは、なかなか存在しないだろう。

息を飲むような緊張感と驚きに包まれていた人々の表情も、料理を食べる頃には笑顔で溢れていた。

線1本から描かれる過程を見守り、最後に仕上がったアートを食べて味わえるという最高の体験。

 

 

 

「近い未来には、日本以外の場でも実施したい。」

彼はいつも柔かに、そして嬉しそうに話すのだ。

**

食:對中剛大 http://www.tainakaoffice.com/

絵:田中紗樹 http://www.sakitanaka.jp

音:3日満月(二人の活動する表現という4人編成の音楽ユニット→) http://sound.jp/hyogen/

撮影:su- 角谷慶 http://su-u.pw/