This is her "possession".

Sometimes powerfully, gracefully, and crazily

Her name is Aoi Yamada.
17 years old, Japanese artist.


The shocking feeling of the first impression is still unforgettable.
I was a public relations officer of a Japanese company and I met at her shooting site.

She appeared at Meguro’s studio in Tokyo early in the morning, and showed a mysterious existence that mixed mature sharp atmosphere and her innocence of high school students.

The world of existence that we say exactly as it was, surprised the surrounding adults. Further, everyone thought that it would not need a hair set or makeup, as well as retouching after taking a picture, of course.

When I asked for her “Are you nervous?”, “No problem, there is no tension”
she answered cleanly.

About the content of the project and its intention, what we want to tell to whom as a company,after grasping the whole picture, she already has a real intention.
There is clearly what I want to convey.
It seems to decide that expression method on the spot.

Music flowed out.
She is naturally present in a pure white space, as if she had lived before.

In the strong eyes of that break, new power already lives.
This is her “possession”.

I can’t predict, don’t know who is going to do, wrapped around with a magical euphoria before such a stage started.
Everyone, keep an eye on her.


Now what she feels and thinks, and have to show it,
using the whole space, with all the nerves, cells and tissues of the body,
she began expressions so powerfully, sometimes gracefully, sometimes crazily.


There is no hesitation in that movement, there is no waste.
It is not a reason to call on the complexion of a person.
Under the circumstances surrounded by many adults, how can she act like this freely,
so much fun and more dignified?
She is still a high school student.


Moreover, no instruction or regulation for expression is given out.
I wanted to be up to her all.
Because I wanted to see her true intention.

No matter who you say, she expresses beyond our imagination,
and exploded.

Shooting theme was colors.
Over time, her white costumes and skin were dyed limbs into blue, red and yellow.
“Aoi Yamada” did possessing in the space where color mixes, flying around, crawled, and laied down.

Three cameras follow her movement.
The picture director who was on the side, he spilled.


“I’m about to cry, really”

Maybe, all staff who shared this space would have had the same feeling.
I have never experienced shooting where my emotions are so shaken.


A state where the wave of euphoria stopped at the highest place.
How will be able to convey to anyone, if I express this emotion?
I never felt like this at the advertisement shooting site.
No matter how famous actors and models were shot, I had a calm personality somewhere. Because we need to instantly judge whether it is a good or not as a job output. I’m sure that all the staff around me thought about the same thing.

My heart is beating fast, keeping an eye on her.
Then I softly wiped my tears so that nobody could see.

彼女の名前は、山田葵。17歳。
日本のアーティストだ。
第一印象の衝撃的な感覚は未だに忘れられない。
とある日系企業の広報担当をしていた私は、彼女の撮影現場に立ち会った。


早朝の東京、目黒のスタジオに現れた彼女は、
高校生のあどけなさと大人びたシャープな雰囲気が混ざり合った、不思議な存在だった。
ヘアセットもメイクもいらない、もちろん、撮影後のレタッチなどもいらないだろうな、と皆が思うほど、
そのままの彼女が発する存在感という世界が、周りの大人たちを驚かせていた。


「緊張してる?」と声をかけると、「緊張はないです」と潔く答える彼女。
企画の内容とその意図、つまり、我々企業が誰に対して何を伝えたいか。
全貌を把握した上で、すでに彼女の中には真意がある。
伝えたいものが明確にある。その表現手法は、その場で決めるのだそうだ。


音楽が流れ出した。

真っ白な空間に、以前から住んでいたかのように、自然に存在する彼女。
その切れ長の強い目に、すでに新たなパワーが宿っている。

これが彼女の“憑依”だ。

予想できない、誰が何をするのかも分からない、そんな舞台が始まる前の不思議な高揚感で周りを包み込んだ。
皆、彼女から目を離せない。


今、感じること、思うこと、伝えないといけないと感じたことを、
空間全体を使い、身体の全ての神経や細胞、組織を持って、こんなにも力強く、時には優雅に、時には狂気的に、
表現をはじめた。


その動きに一切迷いはなく、無駄はない。人の顔色をうかがう訳でもない。
たくさんの大人に囲まれた状況下で、こんなに自由に、こんなに楽しげに、しかも堂々と
表現という行為ができるものだろうか。
彼女はまだ高校生だ。


しかも、表現に対する指示や規定は一切出していない。
全て彼女に任せたかった。
彼女の本当の真意が見たかったからだ。
誰が何を言うまでもない、彼女は我々の想像を超える表現を爆発させた。


色彩がテーマの撮影だった。時間が経つにつれて、彼女が纏う真っ白な衣装や肌が、手足が、青、赤、黄に染まっていった。
色が混ざりあう空間の中を、山田葵は憑依したまま、飛び回り、
這いつくばり、寝転がった。


彼女の動きを、3台のカメラが追う。
「俺、泣きそうだ、本当に」


側にいた映像ディレクターが思わずこぼした。
この空間を共にしたスタッフ全員が、同じ気持ちだっただろう。
感情がこんなに揺さぶられる撮影は経験したことがない、と。

高揚感の波が、一番高い場所でピタッと止まった状態。
どのように表現すれば伝わるだろうか。
広告の撮影現場で、こんな気持ちになったことはなかった。
どんなに著名な俳優やモデルたちとの撮影であっても、どこかで冷静な自分がいた。
仕事のアウトプットとして、良いものか否か、瞬時に判断していく必要があるからだ。
きっと周りのスタッフもみんな同じことを考えていたと、私は感じている。


胸のドキドキが止まらない。目が離せない。
そして、誰にも見られないようにそっと涙をぬぐった。