ABOUT HER WORKS

Representing TEENAGER and ARTIST of JAPAN

Can't stop her evolution..

Her name is Aoi Yamada. 17 years old. An artist from Japan.

Since it was blessed with the opportunity to work with her in the autumn of 2017,

I am always looking forward to her success.

She is a diversified activity field in Japan, but she will challenge herself to new work through the expression technique “dance”.

 

In the mode magazine [Harper’s BAZZER], it appeared as a teen representative with a special feature “women who talk about identity with hair”. Appear in an interview article and a movie on the project called [BEAUTY MEETS STYLE].

View this post on Instagram

本当に光栄です。 #Repost @harpersbazaarjapan with @get_repost ・・・ あなたにとって、「髪」とはどういうものですか? ファビュラスに輝く女性をフィーチャーした今月号のバザー。ビューティ編では、世代を超えて今を輝く6人のパフォーマーたちが、自らの美のスタイルについて語ってくれました。こちらの動画のロングバージョンはharpersbazaar.jpにて公開中! #harpersbazaarjapan #fabulousateveryage #beauty #hair #ハーパーズバザー #ビューティー #ヘア #山田葵 #黒木華 #ベッキー #りょう #草刈民代 #我妻マリ @becky_dayo @tamiyo_kusakari_official #アオイヤマダ

A post shared by アオイヤマダ(AOI YAMADA) (@aoiyamada0624) on

 

She is now “Japanese teenage face”, representing JAPAN.

The new project of Japanese apparel maker [WEGO] is to support all people with passion, and developed WebMovie approaching passion of Aoyama Yamada. Her answer is “passion = DISCUSSION.”

Dialogue with dance, people dialogue is said to be passion.

 

Large domestic and foreign companies such as Shiseido, NTT docomo, Google and others will appoint her.

Every time she always shows a different look. Other music videos, appearances on TV programs, etc.

“Aoi Yamada” can’t stop evolving.

 

Activities abroad also stand out.

At CITIZEN ‘s celebration at [Basel World 2018] in Basel, Switzerland, a “Time Theater” booth was developed, and a performance style communication was shared with people to share “time”. Aoi Yamada appeared as a main dancer in a dance movement that gained inspiration from light driven watches.

In the movement, the desire to cherish sympathy and pleasure born between innovation of technology and the heart and mind of people was put in. Four dancers including her showed innovative expressions with a fantastic dance and a view of the world of light.

View this post on Instagram

人と時の共演。 . BaselWorld2018で、CITIZENは誰にでも開かれた「Time Theatre」というブースを立ち上げ、人々と「時」を共有するパフォーマンス形式のコミュニケーションを行いました。 時計組立スーパーマイスターによるエコ・ドライブワンの部品を使用した曼荼羅アートの制作や、光によって駆動する時計からインスピレーションを得たダンスムーブメントを披露しました。 そこには「テクノロジーの革新と人々の心と心の間で生まれ共感や喜びを大切にしたい」という想いが込められています。 . 腕時計の世界の魅力を少しでも多くの方に伝える。 そのための活動を、これからもCITIZENは続けていきます。 . ■ダンサー AOI YAMADA 蘭舞ゆう SHIMIZU MASH UFO . ■スーパーマイスター 荒井寛子(シチズン時計マニュファクチャリング株式会社飯田工場所属) . #citizen #シチズン #citizenwatch #betterstartsnow #BASELWORLD2018 #時計好き #instawatch #watch #lightistime #インスタレーション #イルミネーション #演出 #幾何学 #幾何学模様 #デザイン #アート #アート作品 #テキスタイル #空間演出 #空間装飾 #素敵空間 #shimizumash #山田葵 #蘭舞ゆい #ダンス #ダンサー #ダンスパフォーマンス #舞踏 #マンダラアート #マンダラ

A post shared by CITIZEN(シチズン時計) (@citizenwatchjp) on

 

 

 

In Malaysia,Kuala Lumpur, she appeared in a celebration event of [Mitsukoshi Isetan].

With the theme of “COLORS = diversity”, she danced dancedly with solo live performance on the main floor and participated as a performer in the fashion show. While raving “haunting” among the foreign-born models, he ran through with fun.

 

 

Her “dance” is not completed on stage just prepared, but it expresses everything in whatever the circumstances. Even when it becomes a subject as a model in mode magazine, she can express with

“movement of dance”.

Her “dance” is not completed on stage just prepared, but anywhere, in whatever circumstance, using everything in the whole body to express herself like her. Even when it becomes a subject as a model in mode magazine, she expresses with “movement of dance”.

Her own body expression called “dance” grips the viewer’s mind all the time, If you grab it, do not let it go. However, it keeps a comfortable distance feeling.

 

 

High school student and dancer.

While continuing school life, she continued dancing and came here.

It is a life that can not be realized if there is a straightforward intention to dance and a firm trunk in myself.

Her current success demonstrates firmly about her efforts and talents. It is only 17 years since she was born.

 

I had a lot of discoveries through work with her.

First of all, in face of her, “Who am I?” 

I’ve always thought that myself who has worked as an office worker for many years is doing whatever I want through work. But what response will I answer to “Who are you?” I wonder what I should say in a word. I was wondering about my existence again and remembered my work with many people involved in searching for the answer.

 

She has chosen her life to meet her favorite things at a young age and to keep it through, as she is a high school student and a fine artist.

No matter what people say from around her, she will continue to face “dance” and rebuild it to be even more amazing. There is no end to expressing and no answer.

She will show us all the forms and expressive methods while sticking, pulling apart, rolling up, stretching as I think.

 

I’d definitely recommend you to do your work once with her!

The muscles of adults’ frozen brains will start to move suddenly.

And surely your new inspiration starts to move.

 

I completely was captivated by”Aoi Yamada”, I am dying to work with her again.

彼女の名前は山田葵。17歳。日本出身のアーティスト。

2017年秋、彼女と一緒に仕事をする機会に恵まれて以来、

私は彼女の活躍をいつも楽しみに見守っている。

日本での活動分野も多岐にわたる彼女だが、「ダンス」という表現手法を通して、新たな仕事に臆さず挑戦していく。

モード誌[Harper’s BAZZER]では、「髪でアイデンティティを語る女たち」という特集で10代代表として登場。

[BEAUTY MEETS STYLE]という企画にインタビュー記事とムービーで出演。

彼女は今、“日本の10代の顔”となっている。

日本のアパレルメーカーWEGOの新プロジェクトは、情熱を持つすべての人を応援するというもので、

山田葵のパッションに迫ったウェブムービーを展開した。彼女の答えは「情熱=DISCUSSION」。

ダンスとの対話、人との対話がパッションだと言う。

資生堂、NTTdocomo、Googleなど国内外の大手企業が今、こぞって彼女を起用する。

その度に、彼女はいつも違った表情を見せてくれる。

その他ミュージックビデオ、TV番組への出演等、「山田葵」の進化は止まらない。

海外での活躍も目立つ。

スイス・バーゼルで行われた、Basel World2018でのCITIZENのセレブレーションでは「Time Theatre」というブースを展開し、人々と「時」を共有するパフォーマンス形式のコミュニケーションが行なわれた。光によって駆動する時計からインスピレーションを得たダンスムーブメントに、山田葵はメインダンサーとして出演。

そのムーブメントには「テクノロジーの革新と人々の心と心の間で生まれた共感や喜びを大切にしたい」という想いが込められた。

彼女を含む4名のダンサーが、幻想的なダンスと光の世界観で、斬新な表現を披露した。

マレーシア・クアラルンプールでは、三越伊勢丹のセレブレーションイベントに出演。「色彩=ダイバーシティ」をテーマに、メインフロアでのソロ・ライブパフォーマンスを堂々と踊りきり、ファッションショーにもパフォーマーとして参加。

異国出身のモデルたちの間を、彼女は“憑依”しながら、楽しそうに駆け抜けた。

彼女の「ダンス」は、どうぞと用意された舞台の上だけで完結するものではなく、どこでだって、どんな状況であれ、すべての物事を身体全体を使って、彼女らしく表現してみせる。モード誌でモデルとして被写体になる場合も、彼女は「ダンス」の動きで表現してしまう。

「ダンス」という彼女独自の身体表現は、見る人の心をぐっと掴み、掴んだら、離さない。

しかし、心地よい距離感をも保っている。

それは一方的な自己表現に終わらせず、見る人の気持ちや立場に“憑依”し、

それから、彼女は踊り出すからだ。

高校生とダンサー。

学校生活を送りながら、ダンスを続け、そしてここまでやってきた。

ダンスに対するまっすぐな真意と、自分の中にしっかりした幹がないと、実現できない生活だ。

彼女の今の活躍が、その努力と才能について、しっかりと証言している。

まだ生まれてから17年しか経っていないのに、だ。

私自身、彼女との仕事を通して、たくさんの発見があった。

まずは、彼女と向き合う上で「己は何者なのか」

ということを改めて考えさせられた。長年、会社員として働いてきた自分は、仕事を通して好きなことをやっていると、いつも思っていた。しかし「あなたは何者?」という問いに私はなんと答えるだろう。一言でなんと言えばいいのだろう。改めて自分の存在について不思議に思い、その答えを探すべく関わってきた沢山の人たちとの仕事を思い出していた。

一方で、幼い時期に自分の好きなことに出会い、そしてそれを突き詰めていくという人生を選んだ彼女は、高校生にして、もう立派な「アーティスト」だ。「表現者」である。周りから何を言われようと、どう見えようと、彼女は「ダンス」と向き合い続け、そしてそれをさらに素敵なものへと作り直していく。

表現することに終わりはなく、答えもない。

自分の思うようにくっつけたり、引き離したり、丸めたり、伸ばしたりしながら、

あらゆる形や表現手法を、彼女は我々に見せてくれるだろう。

彼女と一度、仕事をすることを、是非皆さんにオススメしたい。

大人の凝り固まった脳の筋肉が、急に動き出すだろう。

そしてきっとあなたの新しいインスピレーションが動き出す。

私はすっかり「山田葵病」にかかっており、また彼女と一緒に仕事をしたくてたまらない。