- New trend of education seen in "TECH CAMP" -

「TECH CAMP」に見る、新たな教育のカタチ

現在、日本ではこれまでの「英語」や「MBA」など社会人の人気の学びのツールであったが、近年注目を集める人工知能やフィンテックなどテクノロジーの変化についていくべく、近年では「プログラミング」領域に関する学びの需要が急増している。

また子供の教育をとってみても、21世紀型の人材を育てるために、特に「STEM」と呼ばれる分野への教育が盛んである。
(Science,Tecnlology,Enginialing,Mathmaticsの略。さらにArtを加えてSTEAMと呼ぶこともある。)

今回はその領域で急成長を遂げるサービスが、日本のスタートアップDiv.が運営する「TECH CAMP」というサービスだ。

私自身も以前、実際にその講義を体験し受講した。その実体験から、今回のこのサービスが、
これからの「教育」の進むべき方法を示すヒントがあるのではないかと思った。
そこで今回は教育のあり方に関する未来のトレンドについて、
私自身の考察をまとめてみたい。

 

 

●EDUCATION1.0

ひと昔前まで「教育」は、学校で一方的に先生が講義をする形が一般的だった。あくまでも「講義」はFREEであるが、
どうしても最大公約数に向けての説明に終始してしまうデメリットがあった。また「リアル」な場所に通う必要があるため、
どうしても移動コストがかかり、遠方で学校のエリアにない子供達なども存在した。

こうした教育の環境では、既存の講義では物足りない優秀な者や、逆に授業についていけない者を生み出してしまい、どちらにとっても機会損失を産んでいた。またこうした受動的な学び方では、社会に出てからも新しい解決策を見つけることができない指示待ち人間を生み出した。そんな「Passive Learning」は、例えるなら「教育1.0」的とも呼べるものである。

 

Currently, in Japan, it has been a popular learning tool for social workers such as “English” and “MBA” so far, but in recent years, in order to keep up with changes in technologies such as Artificial Intelligence and FinTech attracting attention in recent years, Demand for learning about the area is rapidly increasing.

Education for children is also popular, especially in fields called “STEM” to nurture talent of the 21st century type.(Science, Tecnology, Enginialing, Mathmatics, sometimes called STEAM by adding Art.

This time, the service to achieve rapid growth in that area is “TECH CAMP” service operated by Japan startup Div.

I myself used to experience the lecture before actually. From that experience, this service of this time,
I thought that there might be hints to show how future “education” should proceed.
Therefore, this time on the future trend of educational ways,I would like to summarize my own consideration.

 

● EDUCATION 1.0

Until a long time ago “Education” was common in schools where teachers lecture unilaterally. To the last “lecture” is FREE,There was a disadvantage that it would absolutely end up beginning with explanation for the greatest common divisor. Also, because you need to go to “real” places,
There were absolutely costs for moving, and there were children who were not in the school area in the distance.

In such an environment of education, we created superior people who are unsatisfactory in existing lectures and conversely those who can not keep up with the lesson, and they were giving birth to opportunity for both. Moreover, in such a passive learning way, even after entering the society, it created a person waiting for instructions that can not find a new solution. Such “Passive Learning” can be called “education 1.0” in other words.

●EDUCATION2.0

こうした問題点を受け、昨今の教育業界では、近年「アクティブ・ラーニング」という手法が脚光を浴びている。これは自ら課題を見つけ自主的に学んでいくスタイルの学び方である。

特にテクノロジーの発展とともに、MOOC(Massive Open Online Courses)と呼ばれる、
インターネットで公開されたオンライン講義などが有名だ。

こうしたMOOCなどでは、膨大なジャンルや難易度の教材がフリーであることが特徴だ。
これまでは本でしか学べなかった複雑な構造や仕組みなども、
実写やアニメーション、そして生の声で紹介されていたりする。

この仕組みの中では、優秀なものにはより高次の教育をどんどん提供でき、また歩みの遅い者も自分のペースで何度も講義を見返し、理解することもできる。こうしたオンラインの教材は、「場所」の制約に縛られないため、世界中の学びたいという人へ学びを届けることを可能にした。

ただし、こうしたMOOCにも欠点がある。それは、リアルな強制力が働かないため、日々の様々な誘惑にも負けず、学び続けたいという意志を持った者だけしか続かないということだ。
実際、様々なMOOC講座は、多くの登録者数とは別に、講義の最後までやり遂げる人は一握りしかいない。また「Active Learning」ではそもそもある程度の知的好奇心や研究テーマを持っていることが必要なため、
そもそも全くの初心者がいきなり自由に学んでいいと言われても、その分野に対する疑問の持ちようがなく、またどうやって学んでいいかもわからない。ある意味、学びを自己責任にしてしまうという問題点があるのだ。

 

● EDUCATION 2.0

In response to these problems, in recent education industry, the technique called “active learning” has been in the spotlight in recent years. This is a way to learn style that finds assignment oneself and learns autonomously.

Especially with the development of technology, called MOOC (Massive Open Online Courses)
Online lectures published on the Internet are famous.

In MOOC etc. like this, it is characterized that teaching materials of enormous genres and difficulty levels are free.
So far complicated structures and mechanisms that you could only learn in books, it is introduced in live action, animation, and live voice.

Among these mechanisms, it is possible to provide higher education more and more to excellent ones, and even those who are late in progress can look back and understand the lecture many times at their own pace. Because these online teaching materials are not bound by constraints of “place”, we made it possible to deliver learning to people who want to learn from all over the world.

However, these MOOCs also have drawbacks. That is because realistic enforcement does not work, only those who have the intention to continue learning will not succumb to the various temptations of the day.
Actually, various MOOC courses have only a handful of individuals who can accomplish until the end of the lecture, apart from the number of registrants. In “Active Learning”, it is necessary to have some intellectual curiosity and research theme in the first place,
Even if it is said that novice beginners can learn freely freely, they do not have any doubt about the field and how they can learn. In a sense, there is a problem of making learning self-responsible.

●Education3.0

そしていよいよ、今回のTECH CAMP が持つ新たな学びの形について説明したい。

このサービスの最大の特徴は、一言で言えば以下のように表せる。

====
リアルとオンライン双方を組み合わせた、
「質問し放題」の新しいコミュニティ型教育
====

この仕組みが、どうしてそんなに画期的なのか?それは、これまで見てきた[Education1.0]学校型と[Education2.0]MOOC型のメリットをうまく組み合わせた、形であるからだ。

TECH CAMPでは最初に参加者の個別の面談からスタートする。
そこでは学生ごとの受講理由や学習に割ける時間などのペース、目標などをメンターと話し合って決めていく。
こうして個別の学習サイクルや学ぶべき教材の順番などが示され、自分だけのオリジナルのカリキュラムを作成することができる。 

そして最初は、「WEBサービス」「デザイン」「AI」「VR」など自分の興味のある分野に関して、インターネット上のオリジナルの教材をもとに各自が自分のペースで学んでいくこととなる。このカリキュラムは、本当に初心者がそのままやればできるように圧倒的にわかりやすく、丁寧すぎるほどに手取り足取り記載されている。

まずは一旦この教材の通りに、手を動かしながら進めていくことで、感覚的にプログラミングの基礎を実感することができるようになっている。

カリキュラムそのものを、リアルにメンターたちが教えることはない。ただし各自がつまづくそれぞれのポイントで自由に質問できるようになっており、
様々な質問に対する回答に対応することができる。

それにより、一人一人の進捗に合わせたサービスを提供することができるのだ。

それはあくまでも「教材」自体を増やすことで対応してきたMOOC型から、教科書にない部分こそ人間が丁寧に対応すべきとした協業モデルなのである。

またその際には、リアルな教室が全国にあるため、目に見えたコミュニティができていることだ。

そうしたリアルな場で、質問をできることで、コミュニティ自体も育っていく。

特に初心者だと、スカイプやメールでの質問だとどうしても難航してしまうポイントさえもあっさりと乗り越えることができるのだ。なぜなら初心者は、「どこがわからないかさえ分からない」と言った自体も起きるからだ。人間はそこまで強くない。だからこそ図書館やカフェのように、人の目を気にしながら頑張ることができる空間が大事だったりする。

また、こうした空間で頻繁に開かれる実践的なセミナーや、
日々のブレイクタイムの中で同じ志の仲間を見つけることができたりする。そして卒業後もFACEBOOKグループなどで繋がって、刺激しあうことができたりする。

こうしたスクールに通うことの利点は、同じ目標に向かって頑張っているメンバーたちを
身近に感じることができることだ。

なおこの仕組みに関して、あえてデメリットを挙げるなら、
まだ個人の「自主性」に任されている部分が多いため、うまく自分自身をこの環境に置くための習慣化ができない場合、
脱落してしまうこともあり得るということだ。

私自身も少し挫けそうになったこともあったが、なんとかオンラインとオフラインの教育の仕組みのおかげで、当初予定していた一番基礎的なカリキュラムに関してはなんとか修了することができた。

実際こうした経験のおかげで、自分の力だけでサイト構築などもできるようになった。
(といってもWORDPLESSベースなので、そんなにコードをガシガシ書いたりすることはなかったのだが)

何よりこの「TECH CAMP」で、プログラミングに対する苦手意識が払拭されたことが大きい。
迷っているなら、先ずはその扉を叩いてみよう。

●Education 3.0

And finally, I would like to explain the new form of learning that this TECH CAMP has.

The greatest feature of this service, in a nutshell, can be expressed as follows.

====
Combining both real and online,
A new community type education of “Questioning as you”
====

Why is this system so innovative? That is because it combines the merits of the [Education 1.0] school type and the [Education 2.0] MOOC type that we have seen so far.

TECH CAMP will start with a separate interview of the participants for the first time.
There, we will decide the reasons for each student and the pace and goals such as the time to spare for learning with the mentor.
In this way, individual learning cycles and the order of teaching materials to learn are shown, and you can create your own original curriculum. In case

At the beginning, each student will learn at their own pace on the fields of my interest such as “WEB service” “design” “AI” “VR” based on the original teaching materials on the Internet. This curriculum is overwhelmingly easy to understand so that a beginner can do it as it is, and it is stated to take a takeover as it is too polite.

First of all, by going forward while moving the hand as per the material, it is now possible to sense the foundation of programming sensuously.

Mentors do not teach the curriculum itself, in real terms. However, each person can ask questions freely at each point where they trip,
It is possible to respond to answers to various questions.

By doing so, we can provide services tailored to each individual’s progress.

It is a collaborative model that humans should carefully deal with parts that are not in textbooks from the MOOC type that we have dealt with by increasing “educational materials” themselves.

Also at that time, there are realistic classrooms throughout the country, so there is a visible community.

By being able to ask questions in such real places, the community itself will grow up.

Especially for beginners, even if it is a question with Skype or e-mail, it is possible to overcome even the point which inevitably will be difficult. Because beginners said that even beginners said that “I do not even know where they do not know”. Humans are not that strong. That is why it is important to have a space like a library or a cafe where you can work hard while paying attention to people’s eyes.

In addition, practical seminars frequently held in these spaces,
You can find the same companion within the daily break time. And after graduation, I can connect and stimulate with FACEBOOK group etc etc.

The advantage of going to these schools is that they are trying hard for the members who are working hard towards the same goal
It can be felt familiar.

Regarding this mechanism, if you dare to mention the disadvantage,
Since there are still a lot of parts left to individual “autonomy”, if you can not make it a habit to put yourself in this environment successfully,
It may be dropped out.

Although I also seemed to be a bit frustrated myself, thanks to the online and offline education mechanism I was able to finish with regard to the most basic curriculum originally planned.

In fact, thanks to these experiences, it has become possible to build a site with only our own power.
(Although it said that it was based on WORDPLESS, I never wrote such a code so much)

More than anything, this “TECH CAMP” has largely eliminated the awareness of programming difficulties.
If you are in doubt, first try to hit that door.

●結論:プログラミングを「かなえる」ための、はじめの一歩

これからTECH CAMPなどのオンラインとオフラインを融合させた、EDUCATION3.0的な新しい取り組みが世界で増えていくのではなないだろうか。

少しでも気になるなら、先ずは「TECH CAMP」などの
体験入学に申し込んでみよう。たとえ小さな一歩でも、確実にテクノロジーが少し身近になる未来は動き出すから。

● Conclusion: First step for “to make programming”

I wonder if new efforts like EDUCATION 3.0 that will combine online and offline such as TECH CAMP will be increasing in the world in the future.If you are worried a bit, first of all, like ‘TECH CAMP’
Let’s apply for the entrance examination. Even with a small step, the future will definitely start moving technology a little closer.