Motorbike country, car country, country of subway in Asia?

バイク、車、地下鉄、都市のモビリティから生まれるそれぞれのアジア。

In Asia, as the main stream of each means of transportation, there are a country where the motorcycle is the leading role, a country where the car is the leading role, a country where the railroad is the leading role. And it can be said that the main mobility of the city is making part of the country’s values.

For example, in Vietnam where the motorcycle is the leading role, various bikes run around narrowly. It is a disorderly state, but in a way it feels freedom from the power of the shoulder. Also in the city, the couple talks chatting across the stopped motorcycle. Some people do stylishly with the handle of the mask, it is still modest.

And if the bike type economy develops and cash surplus comes out, the next is the car economy where many young people have cars with that money. Even rain will be comfortable without wetting, the bubble economy will come with the car status.

However, at the price, it will now be bound by traffic jams. And the time of arrival at the time of travel can not be read. Therefore, in a car-type society, a culture that is lenient and liberal is born.

Then, in order to resolve the chronic congestion, public transportation has developed, and the city is the main role of the subway and railroad streets. In such a society full of public transportation, a culture is born that “people who do not have ecology are cool”. And as you can move exactly with a minute schedule like Japan, the late becomes self-responsibility, becoming intolerant to the time accordingly.

And what will be the future? The first hypothesis is that the bicycle is the leading country. It is good to be an exercise as well as ecology, and it is grasping the hearts of health-oriented people. Another hypothesis is the era of auto-driven vehicles by AI. If you have the accuracy like public transportation and you can move without traffic, there will be people who do not have a house and live only by cars.

Looking at Asian countries, looking at the vehicles in that country will be a hint to predict changes in national character and the next trend.

It is around this time that I think about such a thing in Bangkok’s heavy traffic jam.

アジアには、それぞれ移動手段のメインストリームとして、バイクが主役の国、車が主役の国、鉄道が主役の国がある。そしてその都市のメインのモビリティがその国の価値観の一部をつくっていると言ってもいいだろう。

 

例えば、バイクが主役のベトナムでは様々なバイクがところ狭しと駆け巡っている。それは無秩序な状態であるが、ある意味肩の力の抜けた自由が感じられる。また街中でも、停車したバイクに跨ってカップルが談笑していたりする。マスクの柄でオシャレをしたりする人もいるか、それはまだささやかなものだ。

 

そして、バイク型経済が発達し、資金的余裕が出てきたら、次はそのお金で多くの若者が車を持つ車経済である。雨でもぬれずに快適であり、クルマがステータスとなるバブル経済がやってくる。

 

しかし、その代償として、今度は渋滞に縛られるようになる。そして移動時の到着時間が読めなくなる。そのため、車型社会では遅刻に寛容な文化が生まれる。

 

そしてその次には、慢性的な渋滞を解消するため、公共交通機関が発達し、街は地下鉄や鉄道が主役になる。こうした公共交通機関が充実した社会では、「持たざる者がエコでカッコいい」という文化が生まれていく。そして日本のように分刻みのスケジュールで正確に移動できるようになると、遅刻はつまり自己責任となり、その分時間に対して不寛容になる。

 

これからの未来はどうなっていくだろうか。一つ目の仮説としては、自転車が主役の国。エコはもちろん、運動にもなって良いということで、健康志向の人々の心を掴みつつある。またもうひとつの仮説は、AIによる自動運転車が主役の時代である。公共交通機関のような正確さを持ち、渋滞もなく移動できるようになれば、そもそも家を持たず車だけで生活する人もでてくるだろう。

 

 

アジアの国々を見ていく上で、その国の乗り物を見ていくことは国民性の変化や次のトレンドを予測するヒントになるだろう。

 

そんなことをバンコクの大渋滞のなか考える今日この頃である。