Rediscovering from a foreign country, visiting the house of "Jim Thompson" in Thailand

異国からの再発見、タイ・ジムトンプソンの家を訪ねて

 

“Thai silk” famous among Asian specialties.

The reason for spreading that “Thai silk” to the world was, Do you know that you were an American, not a Thai.

 

James. H. W. Thompson was called by the nickname “Jim”.

It was in 1945 that he first came to Bangkok.

Jim, who visited Thailand as an American officer after the Second World War,

In order to rebuild the Oriental Hotel, I landed again in Thailand.

Then, he found out the wonder of Thai silk and expanded its value to the world.

For example, I approached the editor of “Vogue” magazine and spread it to New York,

As a stage costume for “Brotherway Musical” “King and I”

It expanded by various methods. And after his death, “Jim Thompson” has a presence as a representative brand of Thai Silk.

 

As a viewpoint to learn from this,

People from different cultures will find new value.

 

For Thai people, things that are too familiar and feel like ‘like’ like air are something that is incredibly attractive to someone from another country.

 

In the same Asia, Thailand, Japan, China, Malaysia, any country has different personality. And these countries in Asia will feel the cultural gap will be more fresh for those who come from countries such as Europe and America.

 

“Jim Thompson’s House” is now a sightseeing spot that we can visit. When passing through the bustle of Bangkok city and passing through a narrow alley, there is a special space where relaxed time flows.

 

Travel is a treasure trove of inspiration.

Let’s go looking for old and new “trends” in Asia.

アジアの名産品の中でも有名な「タイシルク」。

その「タイシルク」を世界に広げるきっかけになったのは、

タイ人ではなく、一人のアメリカ人であったことをご存知だろうか。

 

ジェイムス.H.W.トンプソンは、通称「ジム」というニックネームで呼ばれていた。

彼が初めてバンコクに来たのは、1945年のことだった。

第2次世界大戦後、アメリカ将校としてタイを訪れたジムは、

オリエンタルホテルの再建のため、もう一度タイの地に降り立った。

そして、そこでタイシルクの素晴らしさを見出し、世界にその価値を広げていった。

例えば、『ヴォーグ』誌の編集長にアプローチしてニューヨークに広めたり、

ブロードウェイ・ミュージカルの『王様と私』の舞台衣装として採用してもらうなど、

様々な手法で広げていった。そして彼の死後も、『ジム・トンプソン』はタイシルクを代表するブランドとして存在感を発揮している。

 

このことから学べる視点としては、

異文化から来る人こそ、新たな価値は見いだせる、ということだろう。

 

タイの人々にとっては、身近にありすぎて、空気のように「あたり前」に感じるような物が、異国から来た誰かにとっては、とてつもなく魅力的な何かだったりする。

 

同じアジアでも、タイも、日本も、中国も、マレーシアも、どんな国も違う個性を持っている。そして、またこうしたアジアの国は、ヨーロッパやアメリカなどの国から来た人には益々カルチャーギャップが新鮮に感じられるだろう。

 

現在『ジム・トンプソンの家』は、私たちも訪れることができる観光名所となっている。バンコク市内の喧騒を抜け、狭い路地を抜けると、そこはゆったりとした時間が流れる特別な空間が広がっている。

 

旅は、インスピレーションの宝庫だ。

さぁ、アジアに、古くて新しい『トレンド』を探しにゆこう。